FC2ブログ

日本酒感想日誌

ラヴォー・サン・ジャック2004 ルイ・ジャド

  0   0


出現率高めになってきたルイ・ジャド。
大手さんなんでね。

例によって2004で有名なオフヴィンテージなんで古酒でも手に入りやすいんですね、たぶん。
つかルイ・ジャド3本目だけど全部2004じゃん。
ボンヌ・マールはまだだったのかいまいちよくわからない感じでしたが、クロ・サン・ジャックは別に良かったと思うんですけどね。
今回はそのお隣、ラヴォー・サン・ジャック。
これ安かった11000。前に飲んだクロサンジャック並みならかなりお買い得だが果たして。

コンブ・ラヴォーという小さな谷の入り口にあるラヴォー・サン・ジャックは、この谷間を流れる冷たい風の影響を受け、冷涼でタイトなワインに仕上がるという。
同じ並びのカズティエやクロサンジャックには劣るものの手掛ける優良生産者が多く評判は悪くないようだ。
ジャスパー・モリスいわく、骨があってち密さとエレガンスを備え濃厚で色の濃いピノではなく赤系果実の風味に溢れているというがどうだろう。
特にルイ・ジャドはここまでの2本にやや黒糖のようなニュアンスを感じていたので特に。






1時間前の抜栓でどうでしょう。

なんかやっぱり黒糖があって、赤というよりは黒っぽい香りがするけどなあ。
ジュブレ・シャンベルタン的ながっちり感にそこそこの妖艶さは感じてそう悪くなさそうですが。

まだ少し温度が低いな。
うんでも悪くないんじゃないか?
酸味が豊めなのと、少しスーッとした感じはあるものの、そんなに薄い感じはしない。
やはりタンニンのあるダンディな感じと、いや確かにチェリーとかちょっと梅っぽい酸味。
いやもうちょっと温度上がるなり開くなりしないとあれだな、けっこうタンニンきついわ。

悪くない、悪くないぞ。
少し青い感じがするのは噂のテントウムシか?
とはいえそこからスーッと少しミンティに酸味が流れる感じも嫌いじゃない。
ちゃんと1級のブドウの熟れた味がある。薄くない。
シルキーさも良いし。
よしもっと来いほどけて来い一体化して来い。

よしよしよし。
最高というつもりはないが11000円でこれならお買い得だろ。
少し変わったテイストもあるにはあって、自然派なんかであるような薬っぽいピリピリした感じ?酸があるのも関係してるのか。
それでもやっぱり妖艶さとこの濃さだよな。
濃いというのが語弊があるならこういうのを凝縮感というのかな。甘さがあるといってもいいと思うし、ペラくなくて球体ともいえるかもしれない。
いろんなワインの楽しさはあるんだと思うけれど、やっぱり金が許すなら定期的にブルの良いのは飲みたい。


タンニンはもちろんしっかりめで、ともすれば血っぽいってことなんだろうけど、そこまでじゃないよな。
まあ全体的にもう一声、凄みとかそういう感じではないが、価格を考えれば不満なし。
纏まって良いポイントで飲めば十分の味わい。
こういうのがこれくらいで飲めれば良いんだけどね、ほんと。
あーでもこれくらいタンニンが出てくると、良いボルドーでってことにもなってくるのか、量考えたら。

全体には柔らかいんだな。冷涼もあるけど暖かさもある。
タンニン感はあるけど、おりはあんまりないよね。
タンニン感を考えてちょっと薄旨っぽく仕上げてるからの酸味とエキスなのかな、その辺が技なのか。
薄旨ってことはないけどコントロールしてる気はする。
ちゃんとあるんdなけどねオリ。





































Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3396-1c7c7d0d