FC2ブログ

日本酒感想日誌

ティモテウス2018 グート・オッガウ

  0   0


エメラムが美味しかったグート・オッガウから。
オーストリア自然派の人。


グリューナー・ヴェルトリーナー、ヴァイス・ブルグンダーだって。
ヴァイス・ブルグンダーは=ピノ・ブラン、ピノ・グリの変異種。








白で軽くにごってる?ってくらい。
底に近づくにつれ色が濃くなって、やっぱり少しオレンジっぽくもあるのか。
あーブレンドしてるなって感じと、違うは違うけどエメラムと同じような味わいも感じる。

少しチリチリするガス。
黄桃かリンゴか、あるいは少しハチミツか……その辺がフルーティに膨らんで、エメラムにおけるライチのように感じる。
苦み感からくる花。
決して甘くはないんだけど、そこで少し甘やかさを感じさせつつ、ほんのりほろ苦みをもって厚み弾力のあるようなタッチで、エキス感。

なるほどね。
いかにもな自然派感がそこまでなくて、キレイなんだな。
それでいてらしい味わいと、後は割とアロマティックな仕上げ。
いい意味で普通のワインっぽさもあるというか。

すこーし果皮を感じるような仄かなパンジェンシーに少しの甘みが良い。
チリリと来たところからシルキーにエキスの旨味がほろほろと、少しソルティさも。


いや、これは美味いわまあわかるね。
なんつったらいいのか難しいけど。
すこーしドライフラワーみたいな妖艶さに、ちゃんと少し甘みが来てくれる。
揮発酸というのかキューンとやや薬っぽいようなのもあるんだけど酸味もきれいだし、グリセリンっぽいというかブドウの熟れ感みたいなのも感じるんですよね。
あーでも豆っちゃ豆だな、豆警察は出動してきそう。
そこに自然派的な酵母感を溶かして、まったりスローに豊かだけど、ガスがチリっときたりね。
寝かせたらどうなるのかな。

自然派系も美味しいよね。
そんなに気合入れて飲むもんじゃないけど、色々飲んでいくと好みの要素が出てて、あとは工夫でうまく補い合ってるっていうのかな。そういうものは本当に楽しめるなと思います。


でもこれレストランでいくらで出てくるんだ?
3倍価格とかで出されてもなあ……。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3412-026324ad