FC2ブログ

日本酒感想日誌

シャブリ グラン・クリュ ブーグロ2006 ヴェルジェ

  0   0


燗酒パーティ用のお酒もまだあるのですが、今日は急に白ワインが飲みたくなっちゃったので。

シャブリって飲んだことありません。
ド有名で、ランクの低い怪しいものも多く、また北の冷涼さはあまり僕の好みではないんじゃないかなあというような。
お店でふと見かけて、北の飛び地とはいえブルゴーニュだし、いい加減やろうかと。

ヴェルジェはジャン・マリー・ギュファンス氏が立ち上げたネゴシアンで、全然知らんけどけっこう有名みたい、特に白は。
ブーグロはシャブリ・グラン・クリュの7つの畑の中ではあとから追加された弱い方。
レ・クロが一番いいのか。
これは10000円。







2006で飲めるのか、若いのか、どうなんでしょう。
イエローですが少しグリーンを感じるような色調。
かなりハチミツ系、あるいはナッツなんかも感じてバターもあるような、きちんとしたシャルドネの香り。

含むと流石に酸味がはっきりとあるが、まあこんなもんか?
最近ブルゴーニュの白飲んでないからわからんな。
虎の子のソゼでも開けるか。

もちろんレモンのような香りもありますが、ハチミツ経由でトロピカルに、ほんの少しのハーブ。
含むとやはり酸味がしっかり、塩気のあるミネラルの流れはあるんですが、酸自体はそんなに鋭いというわけではなくむしろ豊かに丸く包みこむようなイメージもあり厚みがあるような。
乳酸的な旨口感や甘やかさなんかと調和しつつ、ややほろ苦くフィニッシュへ。
フィニッシュには熟成感と言うか、熟れたような感じが残ります。
もちろん酸味と、ミネラリーなキレ感とかバチっとしたエネルギー感はある。


うん、なかなか美味いね。
まあそりゃ酸味もミネラル感もあるけど、畑のせいなのかそこまで強く感じず。
寧ろ健全なそこそこ熟成したシャルドネの味わいがあり、なんとなくまあブルゴーニュだよねって感じもあります。
香りなんかも楽しくて、ハチミツやナッツ、バターもあれば、リンゴやトロピカル、白い花なども感じる。
その香りが味わいとしてわりとそのまま感じられるような一体感があり、この終盤のビターな感じがシャブリらしさなのかなあ、しらんけど。
まあもちっと飲んでみないと何とも言えないですね。

ラヴノーやドーヴィサのようなビッグネームの飲み頃を体験してみたいとこなんですが……。
ウィリアム・フェーヴル?ドーヴィサ?


うーん、なるほど。
バチっと、あるいはどっしり響くようなタイプのミネラル感かもね。
ピュリニーとかとかちょっと比べて勉強しないとわかんない。
でもなんか上手く造ればシャサーニュやムルソーとは大して変わらんというか勝ってる場合もありそうな気はした。
そんなこと言ったら向こうもこれでどうだとか、キリないけど。
ピュリニーは別格な気がする、もっと飲んでから言えって話だけど。
基本的には白より赤のが好きなんだろうな、相変わらず。逆に白はカジュアルな楽しみもあるみたいな。

というか初心者だから品種の違いも怪しい。
ハチミツとかバターっ気が強いのかシャルドネ?
SBはわかるような気もするけど、リースリングとか混ぜられたらわからんわ。
これもそこそこパイナポーあるし。

キリメンジャン臭さは飲んでいったら比較的わかりやすいかも。
かなりテクスチャはオイリーというか、舌にねっとり絡む感じはかなり強くあるよね?
トロピカルとかはたぶん新世界でもいくらでもあるだろうし。
ミネラル感が精緻に金属的ってよりはちょっとパワフルで厚いとか?
余韻はまあ長いっちゃ長い、余韻の質はともかくとして。濃さとかクリーミィさなんかも含めて流石にグランクリュってとこなのか。
まあでも色々な一体感の結果として、パワーとかスケールは感じます。
そんなものがなくとも楽しさがあれば軽く楽しめたりもするのがワインですが。
ただそういうとこがきちんと評価されてるというとこがね。

全然悪くはない。
風格もあるから、どうみたって安くはない。
でも鳥肌が立つくらいかというとちょっと違って、じゃあなんか安い奴でカジュアルに楽しいのもあるよね。みたいな。
グラスも色々変えてはみるけれど、1杯だけならともかく1本家で飲むのに意味ないよねあたり前だけど。

ワインはやっぱり難しい、いや奥深いというべきなのかなあ。
日本酒よりも蓄積されているものが多いし、その区別がつく人も多いのか。
日本酒なんか、まだ幼稚園児みたいなもん。
もっと飲まないと。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3458-7a3616d0