FC2ブログ

日本酒感想日誌

ラトリシエール・シャンベルタン グラン・クリュ2004 ドメーヌ・フェヴレィ

  0   0


フェヴレィはブルゴーニュ屈指の大手。
ネゴシアンもやってますが、120haもの自社畑も所有しています。

ラトリシエールはどうなんだ、○○シャンベルタンというグランクリュが多すぎてよくわからん。
ル・シャンベルタンとクロドベーズが別格として、マゾワイエールとかシャルムがちょっと弱いのかな?
その他、マジ、グリオット、リュショットなど……わっからん。
20000くらい。




コルクは綺麗すぎるくらい、ていうかめっちゃ硬かった。
やや赤め、程よくにごり、やや熟成?というような色合い。
ちょっと温度低いな、夏は温度調節が難しい。
まだこれからですが、香りはそこそこ妖艶な感じが出ていて良さそうです。
あんまりジュヴレっぽくなく、綺麗に赤いような果実味を感じるのかなあというのが第一印象。

あんま舌の調子が良くねえか?
端的に言うともう少し甘みが欲しい。
しっとりエレガントで、強くはないものの、ブルゴーニュらしさは十分。
ただグランクリュっていう感じはあまりせず……まだまだこれから?
あんまり華やかさ、甘みが無くて、ドライで少し塩味やビターさのほうが出てしまう。

温度が上がってきて、味わい自体は出てたが、基本的に小さくまとまっている。
やっぱりイマイチ出てこない。
値引きされるようなワインってのは何かしら問題があり、安いじゃんと思って買うようなものじゃないってことですね。
やっぱりブルゴーニュは難しい。
ヴィンテージ、クリマ、造り手、それにボトルの状態とある程度揃わないと。しかもそのうちの一つもこっちがろくに理解できてないし。
今にして思うとダモワのクロドベーズうまかったな。

なんとなく少し暖かいオレンジとか感じるのは一部全く別のワインにもつながる。
しっとりしたタッチは抜群にいい。
味わいは膨らんでこないから、細かいニュアンスを羅列するような気にもならない。
もしかしたら3年くらい遅かったのかな?


とにかくダメだこりゃ。
どうやっても美味しくない、以上。
マズいわけではないんだけど、全然足りない。

























Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3486-cf18f9cb