FC2ブログ

日本酒感想日誌

山翡翠(尾鈴山蒸留所、黒木本店、米焼酎)

  0   0


山翡翠(やませみ)と読むそうです。
㐂六、中々、百年の孤独などの黒木本店さんの、別蔵というのか第二蒸留所というのか、尾鈴山蒸留所名義の商品。
山ねこ、山せみ、山猿で芋米麦とあるほか、ごく最近ジンも発売してましたね。

もはや球磨焼酎でもなんでもないんですが、せっかくなのでちょっと米焼酎を飲んでみたいなと思いまして。







美味いな!

思っていた以上に味わいがパンチがある。
しっかりとお米の味わい、さらに熟成的なコク、さらにコクからくる華やかさ。
鳥飼のような吟醸香の華やかさとは全く違うのでそこはご注意を。
バニラ感もあって、きちんとスムースさもあり、少しだけ柑橘的な爽やかさ。
ウッディも少し感じるかな。


いやこれは美味いですよ。
ニュアンスも色々ついてるし、しっかりと全体的にトルク、ストラクチャ、パワー。
しっかり味わいがついていて、力強くて、ミネラル感みたいなものすら感じる。
でも柔らかさもあり洗練も感じる。


ロックでも凄く美味しいんだけど、お湯割りでもいいだろうなしっかりしてるから。
次第に水分で伸びてくると、自然な甘み、甘い日本酒系の香味も出てきます。
ただ日本酒のような華やかな香りと書いたりするところもありますが、
あくまでも鳥飼のカプ120パーとは全く違いますので、いい悪いじゃなくてジャンルが違う。
少し甘めの芳醇な純米酒くらい?

やわらかく、かつ(焼酎としては)ふくよかな飲み心地。
甘み華やかさはどちらかというと芋っぽいようなところも。
もちろんお米な味わいもあるんですけどね。
キレ感とか余韻もグッドです。

黒木さん自体かなり大手?でもっとあたりさわりない味わいなのかなと思っていたので驚きました、
バランス型でも70点じゃなくて90点。
安い、入手も難しくない、飲みやすく満足感も十分。

日本酒とか焼酎とかワインとか関係なくて、友達の家に行ってどうぞとこれが出て来て、まったく何の不満もない。
というかウメェな、これなんて酒?って聞きたくなる味わい。
焼酎も良いですね。

これで循環農法?山奥にオサレな蒸留所造って?んでこの味わいを1998年から?
参ったね完敗、トータル的にこのクラスに及んでる日本蔵はないんじゃないか?
焼肉と飲んで、クセがないから邪魔しないとかじゃなくて、きちんとコクがあって負けない。



日を改めて。
やっぱり旨いな。
しっかりと甘み、トロミ、さらにコク。
かなり味わいはしっかりしており、そこからのコクや華やかさ。
米焼酎のスムースさや米味なんかも魅力ですが、やはりはっきりしたこの味わいでしょうね。
香りも自然な華やかさや爽やかさもあり。
なんかクラッシュアイスでトロピカルフルーツをカットして添えてなんてのもありかも。
まあ吟醸香っちゃ吟醸香なのか。

黒木本店さんの実力をまざまざと感じる1本で、これならジンもウイスキーのニューメイクも買っても良いかも。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3519-92a06f66