FC2ブログ

日本酒感想日誌

追悼:ふしきの 宮下祐輔氏

  4   0


神楽坂ふしきの店主の宮下祐輔氏が交通事故で急逝されたと、16日に発表がありました。


ふしきのは2011年オープン、ミシュラン1つ星の名店で、京都の懐石料理のコースに合わせて店主の宮下氏が提供する日本酒ペアリングが話題のお店です。
ちなみにスタイルは変わってしまいますが、お店は料理長を中心として継続していくようです。

昨今流行りのペアリングの先駆けのようなお店で、こういったトピックでこういうことを言うのも何なんですが、而今や新政並べてブルーチーズハムカツだすようなお店とは一味も二味も違う、本当のプロフェッショナルな人物でございました。
文化的な素養に恵まれており、お料理にあわせて一級の酒器で本物の日本酒を丁寧に提供する、〆はお抹茶をたてていただくというようなスタイル、日本酒の楽しみ方を総合的に提案するお店でして、実際私も何度か行きましたけれども海外のお客様も多く、そういったお客様に対して英語で丁寧に説明をする姿が印象的でした。

日本酒界にとって大きな損失で、あまりにも急な訃報に言葉もなく愕然としております。
当ブログでも、例えば中乗りさん厳寒水などはこちらで教えていただいたお酒なのですが、それがブログ経由で知った酒屋さんが新しくお取引を始めたというようなこともあったりして。器も買わせてもらったりだとかということも含めて、思い入れのあるお店だったので色々と考えてしまいます。

とりあえず、教えていただいたテクニカルなところの本当のごく一部とか、そのうち記事で紹介出来たらなあと思います。
あとは酒器的なところとかは多少なりともうちのブログでも引き継げるものがあるのかな~とか。
何はともあれ、ご冥福をお祈り申し上げます。



ふしきのにて、古唐津の盃で松の司“楽”を
20190116_193944 - コピー

4 Comments

通れ菅江 says...""
びっくりした・・・。本で何度もお顔は拝見したが、僕と余り年齢も変わらない筈だし。若すぎるよ。

一度「ふしきの」へ行って、宮下さんと日本酒談義をしたかった。
ご冥福をお祈りします。

2020.07.21 17:01 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 通れ菅江 さん"


まだ41歳、交通事故で先月お亡くなりになったそうです。
コロナ休業がかなり長引いていたのでどうしたのかなあとは思っていたのですが……。

こればかりは唯々ご冥福をお祈りするばかりです。
2020.07.21 20:37 | URL | #- [edit]
says...""
人の追悼記事で他店を腐すのって品がないですし宮下さんも喜ばないでしょうね。
2020.11.07 23:32 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re:"

故人はあくまでも故人ですので、喜ぶもくそも無いですよ。

記事はあくまでも私の記事で、勝手に故人を偲んでいるにすぎません。
追悼記事で腐すと喜ばないって、宮下さんが言ったんですか?
勝手な断定はそれこそ故人の想いを冒とくしていませんか?

品がある無いというのはあなたの個人的な意見なので尊重はしますが、それをあたかも常識のように押し付けないで欲しいですね。
その常識が極東の島国の随分ローカルで特殊な宗教感覚や歴史に根差しているってきちんと理解できていますか?
宗教問題はデリケートですので押しつけはやめておいた方が良いですよ。
もう少し知性の感じられるコメントをお願い申し上げます。

2020.11.08 00:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3526-ceca197d