FC2ブログ

日本酒感想日誌

OSUZU GIN 尾鈴山蒸留所・黒木本店

  0   0


パッケージングが秀逸。
山にこれ持っていったらカッコいいでしょ。
俺自身は山で飲んだら死にそうだから無理だけど、テント泊とかなら良いのか。山登りてぇでも色々大変。





わりとクラシックに美味いジン。

しっかりボタニカルの香りもしつつ、そんなに目先のインパクトとか香りとかではなくて、
本質的なバランス感とか味わいを重視しているのはここらしいかなと思います。

ジュニパーらしさい華やかさをしっかり中心に据えつつ、スッと立つキレ感とそこに乗った細かい香味が素晴らしいですね。
ストレートでクラフトジンとして飲んでも十分良いんですが、きちんとカクテルベースとかソーダ割にしてもOKっぽい味わい。
なのと、日本の食事にぐんとあってきそうな感じあります。
シャープなんだけどきちんと旨味感。


同じジンで、香りもそんなに大きくは違わないんですけど、たたずまいのバランス感が違いますよね。面白い。
細かいとこはもうちょっと飲んでみないとわからないかな。


こういう蒸留物はバッチを重ねるごとに上手になってくるというのが相場なので、今後も期待です。
ウイスキーも始めてるそうですが、体力も蓄積も見識もある蔵なので、期待は大きいです。



1週後くらい。
あらためて注いでみても正統派だな。
グラスで細かくティスティングしたわけじゃないけどさ。
ジュニパーの華やかさを他のものが引き立てるようだ。
涼やかさや旨味感、キレ感なんかも感じる。
煩くなくなんというのか適度に水っぽくとでもいうのか。
はっきり華やかさもあるけど、少し旨味とか塩気がはっきりして風変わりな感じもするな。
なんというか、ナナツモリの〆に飲むのがなにかのウイスキーじゃなくこれが良い、みたいな。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3540-426654c1