FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1424】黒尊 純米吟醸 無濾過生 2019BY

  0   0


高知中村の有名酒屋、ことぶき屋さんのPBで久礼の蔵元のお酒ですね。
久礼は1回飲んだことあったと思ったけど記憶はないなー、また飲んでみなきゃね。


高知と言っても僻地なので、周辺の人口足しても10万人もいないんじゃないかという所なのですが、十四代や飛露喜、田酒なんかの特約店で、かつ最近の銘柄でいえば赤武とか写楽も扱ってます。
ド田舎でこれは本当に凄い。
ワインも相当数があって、どれも極端に安価なものだったので頑張ってんだろうなーって感じしました。







ゴリゴリのカプではない。
まず酸味を感じ確かに少しパイン系の香りも感じる。
生だがそんなに重くはなくて軽快でスムースな飲み口だ。
この時期の生酒だが嫌味はなくきちんと管理されていそう。

少しだけ生っぽいなめらかなテクスチャもありつつ、軽くキレ。
あえて言えば後半〜フィニッシュに残る旨味はやや野暮ったいお米の味わいで原料米のせいもあるかもな。
時期もあるかもしれない、どうしたって8月だから。味乗り的な。


なかなかいいですね、久礼の蔵なのか!
ほんのりパイナップルとか、あるいは仄かにストロベリーみたいな雰囲気ですがブリブリのカプではないので安心して飲める。
高めの酸が面白く、その中に仄かにストロベリーみたいなニュアンスで甘みを感じるような気がする。

冷やしが甘いこともあるが縦方向にストラクチャがバリっときいてるタイプじゃない
ただ柔らかく広がるが酸味が流れを作って、引っかかる感じもないので嫌じゃない。

いややっぱ少しカプなんかな抑えめだけど。
酸味を高くしてパインアンドストロベリーだが極々控えめでうざったくないお酒。
悪くない。
甘みもかなーり抑えている。
キレ感は抑えめでややドライなお米の旨味だが山田とかじゃない感じの旨味。

うまいな。
この酸味はけっこういい。
ワインぽいと言うのは好きではないがまあそう言ってもいいと思う。

時間が経過して、少しウッディなスパイシーさなんかも感じるか。
少しずつ苦味も出るけど、軽くパウダリーなキレへ。
全体的にバランスがユニークであまりない感じのお酒に仕上がっていて、かつ出来も悪くないです。
けっこう楽しかった。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3568-3e08ba28