FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1431】白鷺の城 庭酒 (生もと純米酒 杵搗精米)

  2   1


8月12日~18日まで、新宿伊勢丹に来ていたのが超局所的に話題の名刀正宗白鷺の城)です。
当然僕も初日に行ってきたわけですが、これは8月のものではなくて1月に買って飲んでいなかったもの。
ちなみに大体半年に一度伊勢丹でやることになっているそうです。
都内にもう1店だけ取り扱いがありますが、そこもずっと揃えているというようなお店ではなく、関東での入手困難度はMAXクラス。

庭酒(にわき)の元ネタは播磨国風土記にある「大神の御粮(みかれい)沾(ぬ)れてかび生えき すなわち酒を醸さしめて 庭酒(にわき)を献(たてまつ)りて宴 (うたげ)しき」という一節。
これがカビ、つまり麹菌を用いた並行複発酵的な日本酒製造についての最古の記述らしいんですね。
でこの記述があるのがの宍禾郡庭音村(しさはのこおりにはと)の章らしいのですが、庭音村=現在の宍粟市庭田神社から酒造用麹菌と酵母を分離し、これを用いた酒を「庭酒」として播磨の7蔵だったかで売っています。

あくまでもその酵母を使ってるだけなので当時のお酒というわけではありません。
いちおう時代を考慮して、磨きは90%程度、生もと系で一段仕込みとしているようです。
他の蔵のものを飲んだことがあるのですが、ジャンル的に言うと菩提もととか、あるいは味わい的に言えば一部の貴醸酒のような感じです。
まあイロモノなので買ってほっといたとそんな感じ。




そんなにクセが強いとそういうわけではないですね。

もちろん酸味はありますが、まずは低精白の少しドライというか掠れた様な味わいのニュアンスを活かしています。
甘みもそこまで強くはなくて酸っぱさを感じさせない程度に甘みもあるというかそんな感じ。
そこに少しクリーミィさ、ともすればキャラメルのようなニュアンスを感じさせつつ……というような塩梅。

僕も他のものは一度飲んだきりなので、しっかりと比べてみないとわからないのですが、当然ですがこの蔵の味わいが出ている気がします。
技術的にも、この蔵の得意技を使っているそうです。

杵搗精米
水車を使い精米歩合85%で約40時間を要する精米ですが、長時間かけてゆっくり行う手法ですので精米中の品温上昇は5℃前後に留まり、白米のα化・脂肪酸化が抑えられるます。そのため、もろみ中や酒には特有の油由来の臭いがほとんどしません。



あとは石掛け式天秤搾りもやってますね。


それはともかくとして、ココらしい味わいがある気がする。
ウッディさがつくるカラフルさとか、クリーミィさとか、熟成で微妙に香ってくるような細かい香りとかね。
ねっとりとしたオイリーな口当たりはこのお酒ではかなり顕著で面白いですね。
菊姫とか好きそうな人が飲めば行けそうな気がしますがどうでしょうか、思いっきり寝かせてみても面白いかもしれないけど、これだとただ酸っぱくなるだけかもな。
基本は熟成適正はある蔵だけど。
オーク樽で軽く着香してみたりも面白そうな。

酸味は生もと系のスカッと抜けのいい酸味なんで、基本は食後酒とかそういう感じだと思いますが、わりと飲みやすいです。















2 Comments

龍力大好き says...""
最近私も純米大吟醸47%の白鷺の城を買いました。試飲した瞬間こいつは美味いと思い買いましたが、ずっと飲んでいられて最高でした。これとは違いバランス型のちょっと奥谷チックでしたが。

庭酒は龍力で飲んだことがありますが、やはり作り手が違うと全然感想が違いますね。酸っぱさは龍力とも共通していますが、龍力は甘さも強かったような気がします。飲んだのは結構前だったので。色物ですが、個人的にこの造りは結構しっくり私にはきますね。ねっとり感はありますが、嫌な感じはなく量もそこまでないので意外とその日で飲みきってしまえるお酒だなと飲んだ時思いましたね。

ここの蔵は質のためにタンクが小さいので、書いてなくても天秤搾りのお酒も多いそうです。そして蔵元さん曰く、質と量の管理的に東京に卸すのは難しいそうです。面倒ですが、蔵元に直接電話かfaxで注文が確実だそうです。
2020.08.31 21:46 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 龍力大好きさん"

純大の47ですか、ここも意外と品数多いですよね。
もっと高精白のハイスペック商品は少し試飲してあまりいい印象はなかったのですが、やはり色々な商品をきちんと確かめてみたいです。


これは良かったですね、まるめちさんも気に入ってたみたいですし(笑)
昔僕が飲んだのは壺坂酒造の物だった気がするのですが、だいぶおぼろげな記憶のなかでははっきり甘酸っぱかったような気がします。


肩張りとかはかなり変えているようですね。
伊勢丹に来たのと同時期に別店舗に入荷があったのですが、そちらはひやおろしになっていました。
やはり蔵元に直接お願いするしかなさそうですね~。
なんなら一回ご挨拶に行きたいくらいですがw



2020.09.02 12:26 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3585-84fafee5
白鷺の城 庭酒 生もと純米酒 杵搗精米
家飲み記録 白鷺の城 庭酒 生もと純米酒 杵搗精米     兵庫県姫路市のお酒です、連続でのご紹介。  前回はスタンダードな特別純米生酒でしたが、こちらはかなり特殊なお酒になります。  裏ラベルに結構詳しめに説明があるのがありがたいですね、神社境内から酵母菌と麹菌を採取して、古来から伝わる製法で醸したお酒のようです。  「庭酒 兵庫」でググると出てきた産経新聞の記事によると、2015年...