FC2ブログ

日本酒感想日誌

ピュリニー・モンラッシェ 1er ル・クラヴォワイヨン2002 ジョセフ・パジェ

  0   0


ボーヌのネゴシアンらしいんですが、どうやら中身はルフレーヴのようです。
ビンで買ってリコルク、ラベル張替えとか。
色々あって18000くらい。

日本酒でいうと、桶買い、ただし中身は而今みたいな。





どれどれ。

うひょ、これは良い線いってるんでないかな。
ナッティな熟成的なアロマがありつつも、酸味はフレッシュで、ミネラル感とともに鋭さがあります。

ナッツやバター、ハチミツ。あるいは樽なのかもしれない。
続いてレモンやグレープフルーツの香りがかなり強めに。
白い花も散りながら、ややブリオッシュ?
マロンクリームとかあるいはブランデーのような雰囲気もわずかに感じさせつつ、微妙に甘露感もあるな。


これは美味いんじゃないか?
まだフレッシュさすら感じるので、まだ寝かせてもいいのかもしれない。
エレガントだがしっかりと構造があって、ある種の華やかさ煌びやかさで金箔が舞うようなヴィジョン。

ある程度ガツンとパンチがあるのかなあ。
粉っぽいクリーミィさとか、塩味とか、タイミングで色々感じられる複雑さのある味わい。
五味とか色んなタッチや要素の溶け込んだ味わいに、フレッシュでかつ糖度もある果実と、熟成とミネラルとが混然。

あーヘーゼルナッツねえ。
濡れた石もいい具合に。
甘露、キリっとしつつエレガントな酸味、粉のクリーミィさが厚みとエッジ、ミネラリーさの溶けたキレ感。
そのはざまにニュアンス感やアロマ。
うんうん。
超すごいとは言わないけど、これは美味いわ。
この価格で買えるなら素晴らしい。


そりゃブシャールのシュヴァリエのほうがいいと思いますけど(笑
それでもこれは流石ルフレーヴってとこなんじゃないでしょうか、おそらくその中でも良くないもののはずなんですが、これですか。
これが税込み送料込みで2万で収まるとかなり嬉しいんですよね、安心して月に1本くらい飲めるというか。3万とか4万になってくるとちょっと困っちゃうんですけど。


すっごくわかりやすいというよりは総合力?
厚みや幅もあれば輝きもニュアンスもある。
鋭い輝きもあるが、重心は低くふっくらもしている。
粉っぽいような中盤のボリューム感とか、なかなか他で無くて好きだ。
言ってしまえばバランスがいい。

このあたりでよく言われるPMOは、もちろんそんなものがあったとして僕が感じられるかどうか怪しいが、全体にそんなに嫌なものは感じないとは思う。
感じられる人が飲んだら何かあるのかもしれないが。















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3588-dca694cf