FC2ブログ

日本酒感想日誌

キュヴェ・マルグリット2017 マタッサ

  0   0


タトゥーインが激ウマだったマタッサ。
なかなかレアなんですが何本かかってみました。





軽く濁っていて、イエローからオレンジ、淡い夕暮れ。
まずはバラ系の香りがします。
含むと何とも言えない甘みと酸味がチャーミングでフレッシュ、いや爽快?

紅茶的な品のあるパンジェンシーなタンニン感に、滋味もある。
風味はバラ系にピンクグレープフルーツやネクタリン、少しトロピカルもあるような果実味が入ってフレッシュで、さらに独特の清々しさを感じる。
微妙な甘みがゆらっと入ったりするところが何ともフルーティでチャーミングなんだけど、それだけじゃないよね。

渋みが非常にいいのは前述したとおりだが、少しバターとかミルクのような雰囲気も入って膨らまえたり、その中にエキスっぽい旨味もあるんだろう。
そこに酸味があるフルーツ感もあるからこそ、渋みがある程度あっても飲めるし、渋みも旨く感じてしまう。
フィニッシュから余韻にかけてのアロマはかなり奥深くて、ある種南国ビーチで焚く怪しいお香を洗練させたようなそんな印象。


ここのワインは良さそうだね~さらに買い増しするかなあ。
香りがめちゃくちゃ好み。
なんだろうなあ最後のところ、黄色い花とかも入ってくるのかな。

案外しっかりしたお肉とかね。
そりゃエスニックは合うだろうなあ、少しマイルドにしたスパイス料理とかどうでしょう。
アロマティックなのだが単純ではない。
ボリュームのあるものをガツガツ食べながら2人で1本くらい開けると楽しいでしょうなあ、オサレな彼女とでもさ。


ガスものがダメなので、さっぱりしたいときはこういうものの優先順位が上がる。
シャルドネなんてとても軽いお酒じゃないし。
さらにいい具合にアロマティックなので、カプ酒はもっと出番がなくなってくる。

少し揮発酸ぽいのかな。
ピリッと、あるいはスーンといくような、自然派では割とあるよね。
ただそれだけじゃなく他の味わいもバランスよく出てるからこその味わいで、揮発酸みたいなものもフレッシュさとしていい具合に作用してるような。
あとは軽快なお酒なんだけど薄くはないとことか。


こなれて来て混然一体。
ピーチ&ライチティーか!
極わずかにカルダモンとかあるいは緑茶みたいなニュアンスもあるのか、その辺が爽やかさ。
とにかくそのピーチ&ライチティーな気分で飲めば最高にハマると思います。
ただそんなにはっきり甘いわけはないですよ。
アロマティック、フレグラントなんだけどパンジェンシーな紅茶で、優しく滋味深いスープ。
要素でいえばレ・コステなんかが近いんだろうけど、完成度で頭二つくらい違うような……。


2日目。
少し後半豆っぽいのが出てるのかな?
微妙なこれが昨日はいい意味でのバターとかそんな感じだったのか。
ところで含んで最初のインパクトのフルーツ感は相変わらずとんでもない。
冷やしてるから(といっても13度)というのもあるのかもしれないが、何かのミックスフルーツジュース感がハンパない。
花の香りもある、ハーブ&フルーツティーみたいな。












Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3604-b061a70d