FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1437】三笑楽 山廃 純米 2019BY(たぶん)

  0   0


富山のお酒らしいのですが初見です。
こういうのはまるめちさんのとこで探せばたいていありそうな気がする(見た気がする)けどどうだろう。あるなw

調べてみると富山と言っても南砺市でさらに山奥、合掌造りで有名というか世界遺産にもなった五箇山のあたりだそうです。
WEBサイトを見る限りでは別にそこまで山廃蔵って感じもしないけどどうなんだろうね。
富山県産の山田錦60。





おお?
面白い、かな?
嫌いではない。

とろみはありますね。
ブラインドで飲んだら生原酒?と思うかもしれない。

ここは好みがわかれるところだろうけど、火入れの熟成っぽさみたいなものがある気がします。
少しもっちゃりしてるというか、よく言えば少しミルキーなのか?
そこに酸味も入るのと、石っぽさあるいはある種のハーバル感や、ややスモーキーなニュアンスもあるかもしれない。
ともすれば松の司の生もと甕とか、辨天娘みたいな雰囲気もあるので何とも言えないところなのだが……現状ここをにじっくりフォーカスしても面白くない。
スイっとすすったほうが楽しいかもね。


最初に戻って。
含んで面白いなと感じるのは、おそらく含んで最初に感じる酸味。
ほんの少し乳酸的なニュアンスなのか、ちょっとパイナップルのようにトロピカルな雰囲気もある。
この辺は楽の世とか、舞美人なんかを思い出すかもしれません、けっこうあるんですよね。大倉とか、あるいは春心?

酸はあるんだけど、そこにとろみとそこから感じるアルコールの甘さみたいな?乳酸菌飲料っぽさかな?それなりに甘さもなくはないです。
艶っぽいテリみたいなものを感じつつ、後半に出てくるのは粉っぽいクリーミィさ、やや掠れたようなスモーキー。
そしてビッとキレ感が立つあたりは最近の好みに合致する。


これはなかなか面白いんじゃないですか?
変化球として登場シーンはある気がする。
次第に舌先からマッタリ絡むようなテクスチャや味わいも出てくるのでそのあたりが余計な瞬間もありつつ、熟成の萌芽は感じられるこれから好転もありえるような?
今飲むならヘタにお燗とかつけるよりは冷酒で飲んだほうがいいのかもしれない。
そんなに強烈というよりは少しこしあん的な優しさ。

味わいに地域性も感じるよね。
春心とか舞美人なんかが出てきましたが、海沿いの富山とは違って、やはり山の味わいなんだろう。
福井に近いとこもあり、金沢酵母イズムみたいなものもあり。


他のボトルも飲みたいと思いました。
少しまったりエキスっぽい感じが良くも悪くも気になる。
速醸どうなんだろうとか、これが上半期だったら、あるいはここから1年ねかせたらどうなるのか。

もう2回くらいは飲んでみたいお酒だ。
少なくとも真剣に造ってそうな気はするお酒。













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3605-d4f2a42b