FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1438】義侠 純米吟醸原酒50% 特別栽培米 H21BY

  4   0


義侠すきなんだけど、イマイチ飲む回数が上がってこない。

久々に新酒を飲んで美味しいなと思ったのは今年だっけ?
基本的にはその年のものを飲む蔵ではないんだけど、かといって熟成になると運ゲーになってきたりもするので、そのあたりかな。
そもそもがタンクのバリエーションがある蔵で、その後の扱いは酒屋によるところも大きいのでね。
磨き40とか30だと5年熟成とかでも全然若かったりするんで、そのあたりもね。かといって10年とかは結構勇気いるし、飲むタイミングも選ぶし。
比較的普通のスペックの2、3年くらいの若い熟成のものを普段サラッとのむくらいが良いなのかな~とは思っているのですが、とにかくもうちょっと飲む機会を増やして色々把握したいところではあります。

今回は特別栽培米50のH21BYになりました。
なのでおおよそ10年ものです。





冷たいところから。
色は薄くコテコテの古酒って感じではないです。

うん、これなんかも全然さらっとした古酒で10年とか全然わかんない。
古酒である味乗りのピークを過ぎて綺麗になってのここなのかもしれないけど。

さらっとエレガントなお酒ですよ。
つーか若いなw
酸味なんかもまだフレッシュなくらい感じたりして、そこに少し甘みなんかも感じる。
熟成のふんわりしたミルキーな旨味感が乗るくらいで、あとは少し石っぽさとか金気のようなものも感じさせつつビッと切れます。

味わい的には好きな奴。
本当にどういう経過でこの味になってるのかがわからないので、義侠に詳しい人に大まかな変化の流れみたいなものを教えて欲しい。

あえて言えばサラッとしすぎててちょっとこじんまりとしてるかな。
もちろんフィニッシュのとこなんかはきちんとした構造があるし、フィニッシュ後の余韻たるや超長いのだが、味わいがさっぱりしすぎというか飲みやすいんだけどもう少しだけスケールが欲しいかなあとか。

少なくとも10年古酒で期待するような味わいにはなってないので、なんというかもう少しスイートめというかほっこりな熟成酒がいいなら達磨正宗とかあんなのを飲んだほうが幸せになれそう。
これなんかは寧ろまだ2年くらいの熟成で、比較的すっきりでビッとした辛口感のあるお酒に少しニュアンスが乗ってますくらいの味わいだから謎が深い。

いやほんと好きな味なんだけどH21BYでこれが出てくるともう困惑。
全然フレッシュ、酸味なんかも別にビネガー調になってるわけでもなく甘みもあって、極小ですがメロンかブドウかラムネかみたいなニュアンスも感じる。
ヒネやムレ系の香味なんてほとんど皆無ですし、エキス感たっぷりで引っかかるなんてことも起こるわけないじゃん?というような綺麗さ。

常温へ近くなってくるとトロミを感じ、まとまりは出てくるかな?
弱いというわけはないがコンパクトにまとまっているようなところはある。
甘じょっぱいような味わいに。



4 Comments

お茶 says...""
義侠は本当に不思議なお酒ですね。
芯はハッキリしてるのに、味わいは濃すぎないというか、ライトボディよりというか。
いつも寝かせた義侠飲むと、本当に寝かせる=味が出るというイメージを裏切られます。
どの磨きがどの位寝かせるのがベストなのかは、いつも熟成義侠買ってる酒屋でも「そこまではわからない」と言われたので、困りものです。
安月給なので、一本そこそこ値段するする高スペック義侠を追いかけるのはやめて、日誌係さんにおまかせします!
2020.09.19 17:27 | URL | #8fjeFLhA [edit]
日誌係 says..."Re: お茶さん"

本当に謎ですね(笑
美味しかったのですがあまりの綺麗さに困惑してしまいました。

そもそもシングルタンクで売っているので、それが熟成となるとよほど開けた経験が無いとつかめないですよね。
酒屋がお手上げではあとは飲食店くらいでしょうか。

たしかにこれも3000円くらいして結構高かったです。
年に2本くらいはやっていきたいところですがどうでしょうか……。
2020.09.19 22:10 | URL | #- [edit]
たーち says..."義侠は楽しみ方がいろいろ"
義侠はあまり経験もないですが、
味わいに幅があるような気がします。

基本的にはどっしり米の旨味系だと思うのですが、去年のおりがらみ生は果実感をかなり感じる好みの酒でした。
冷酒大好き人間なので、冷やしますが、冷や〜温めた方が旨くなるのが多いですかね?

熟成は若水が琥珀色でやっぱりな味わいでしたが、自分は好みではなかったです。

古酒で良かったのはゆきの美人1999は最高に美味かったです。蜜な感じでチョコレートかじりながらというのがぴったりでした。

今18BY純米60が冷蔵庫に入っているので、開けるのが楽しみです。
2020.09.20 01:29 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: たーちさん"

ブレンドをせずに仕込み〇〇号などとタンクごとに売っているので、ブレや幅はダイレクトに出やすい蔵なんだと思います。


今年のおりがらみは、ウケの良さそうな感じでしたね。
どっしり系でなくはないのですが、意外と綺麗な感じで来たりするのが面白いです。
今回の古酒なんかもそうでしたが、あまり温めて旨味が膨らむという感じはしないお酒だともいます。
若水は番外編という感じですからね~、今30BYのものとかを飲んでみるくらいがちょうどいいのかなあと思ったりしています。


ゆきの美人の1998、1999はあれはまたちょっと特別過ぎましたからね~。
スイートな感じでいうと、達磨正宗なんかがいつも手に入る古酒としてお勧めできると思います。
年末に干支ラベルという商品が出るんですが、比較的手に取りやすい値段で、ネタ的にもお勧めですよ。



2020.09.20 23:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3608-83bb6227