FC2ブログ

日本酒感想日誌

ヴージョ 1er レ・プティ・ヴージョV.V. 2007 ドメーヌ・フーリエ

  2   0


詳しくないので生産者の位置づけがイマイチよくわかってないのだが、綺羅星のごとく並ぶジュヴレ・シャンベルタン村の生産者でも人気のドメーヌです。

ソムリエさんが2007から人気出たんですよ~みたいなこと言ってたが、他にも俗にいうフーリエ香みたいなスタイルを世に問うたのが2007年みたいなこと言ってる人もいたのでまあそうなんだろう。
バックヴィンテージをそう見かけるような蔵ではないので、うっかり奮発して買ってきました。30000の税とかだったかな。
あとジュヴレ1級のシェルボードも買いました、35000の税とかだったかな。

しかしウージョ村というと特級のクロ・ウージョだけのイメージでしたが1級もあるんすね。
あと蝋キャップなんだ。





とりあえず抜いて1時間くらいから。

流石に香る。
というか赤のブルゴーニュ久々か。

味わいはかなり特殊ですね。
甘みと酸味がわかりやすい形であってジャミーというかともすればジュースのよう。
そこにうっすらキノコとか腐葉土っぽさ、出汁などが乗ってくる。

これはどうなんだ?
美味しくないとは言わないが、かなり特殊に感じるというか、ともすればブルゴーニュのエレガンスとがどこか宗教的な影のある感じとは一線を画すワインのようにも感じてしまう。

タッチはまだ少しザっとタンニンがあって黒糖にも通じる黒さがあり、まだ若いのかなとも思いつつ、基本的にビロードのようなシルキーさ。
うーんしかしこれ寝かせてどうなんだろうな、そんなに長熟させるべきワインだとは思えない。
サクッとのんでそこそこ楽しいワインではないのか。

チェリーやブルーベリーな印象、もちろんカシスなどの黒もあるんだけど、とにかく酸味がチャーミングに甘酸っぱい。
そこにミルクコーヒーとかレーズンもきて、その上にうっすらとスパイスやケモ感。



う~ん!??
もちろん香りやアロマ、各要素のニュアンスみたいなものは良いんだろう。
流石に芯もピリッと最低限のミネラリーみたいなものはある。

しかし俺はどうにもこれが良いワインだとは思えない。
色々検索したりして、モノは違うんだけどとあるブログにあった“ヨーグルトのような液質の、濃く甘いブドウジュースを飲んでいるようだった”というのがめちゃくちゃよくわかる。あえて補足すれば“飲む“ヨーグルトだ。
こういうことを言うとまーた始まったといわれそうだけど日本酒でいうカプ酒を飲まされているような感覚。
これが3万だ4万だといわれてもとてもじゃないけれども承服しかねる。受け入れがたい。なんかこんなのあったなと思ったらあれだよ、カーゼコリーニのヴィナイオータだ!あの価格ならうまいけど、この価格ならノーだ。
たとえば僕が飲んだワインの中で感動したものでいえば、先代ドニ・モルテのものにあったような極まったエレガンスさや精緻さ、ひざまずきたくなるような感覚なんて微塵も感じられない。洗練された煌びやかなゴージャス感とかでもなくて、凡庸で野暮ったいそこそこのわかりやすさ。

これが評価されているというのかちょっとよくわからない。
1万なら良いけど2万なら買わない。
5000円なら美味いけど3万なら不味い、1/3くらい捨てそうだ。
これより高かったシェルボードもあるけどどうするんだよw

これが人気が出たのがリアルワインガイドとかいう有名雑誌でもちあげられたかららしいんだけど、その時点でその雑誌ゴミだわ。
最近はフーリエはRWGでも評価が今一つらしいんだけど、ようやく10年たって気づいただけなんじゃねーの?
当時はまた相場が違うかあ、ごめんごめん。

安いんならうまいけど、どうひっくり返ってもこれは本質的じゃないし、本筋でない。これを絶賛する時点で致命的にわかってないと思う。
日本酒でカプだとか妙に酸味があってモダンとかいって喜んでる大したことない酒と一緒。
これを今、値段相応に美味いというやつを俺は信じない。そんな奴に絶対に金を払いたくない。
安っぽいよ、軽薄。
エキスっぽく濃いってことなのかな、あとはやっぱ酸味。
出汁感はいい具合にあるような気はするけどね。

流石にね、黒い感じとか少し青い感じとかスパイシーとか良いところもあるんだけどね。
やっぱりね、酸味がおかしいんだわ。
柔らかいといえば柔らかいんだがモワモワして厚くモッタリというか、乳酸的な感じでクリアーさとかピッとした鋭さ品格オーラみたいのが無いのよ、スポイルされてる。
ほんとに俺はこれを今現在も絶賛してるやつはちょっと信じられないし、ワインの世界もなかなかいい加減だなと思う。



2日目。
一杯分だけ。
あれ?
酸味はあるけれど嫌みなチャーミングさがなくなって落ち着いた様な。
これなら全然ありだなあ。
エキス感はあるけど出汁系の妖艶さみたいなのもちょうどいいし。
これでもすげえ良いとは思わないけど、そんなにこき下ろすレベルじゃないな。
このくらいでもう少し寝かせたらどうかな?

うーん、謎。
昨日のはこっちの問題だったのか?
次は開けて少しテイスティングして、半日くらい寝かせて飲むか?
まあもう1本あって良かった。









2 Comments

みりん says..."No title"
フーリエは飲んだことが無いので、レヴューを楽しみに読ませて頂いたのですが・・・残念でしたね。(×_×)

ワインもボトルバリエーションとかが普通にあるのと有名なワインには偽物も付き纏うので厄介かと思います。
私は幸いにして自分で買ったものではあまりハズレが無かったのですが、自宅でのワイン会やバーでの飲み会などでは、ブショネのシャトー・レオヴィル・ラスカーズや閉じたままで全く開かなかったクロ・ド・タールにシャトー・マルゴー、微妙だったジャッキー・トルショー・マルタンのクロ・ド・ラ・ロッシュ等々、高額でもイマイチだった経験は結構あります。
ジャック・セロスも何種類か飲んでもどれもイマイチにしか感じませんでした。(シュブスタンスは価格が1/4ならまあ許せる感じでしたが(笑))

必ずしも思い通りにならない事もあるかと思いますが、情報を上手く咀嚼しながら好みのワインに出会えるよう祈っています。
2020.09.20 21:56 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"


ワインは高いので外すとついつい怒ってしまいますね(笑)
幸い深刻なブショネのものに当たったことが無いのですが、それも時間の問題でしょう。
ジャック・セロスは一度くらい飲んでみたいのですが、あれこそ良い状態で手に入れるのが難しそうなので、もはやあきらめたほうがいいかもしれませんね~。

しかしフーリエは独特でイマイチでした。
これは元の味が風変わりなんだと思います。
ワイン会のようなものがあればもっていてあげたい、どうでもいいお酒でした。
そんな予定も特にありませんが(笑)




2020.09.20 23:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3610-b7386ead