FC2ブログ

日本酒感想日誌

ジュヴレ・シャンベルタン2011 ドメーヌ・アルマン・ルソー

  0   0


村名ですが本当のトップ生産者なので、そこらの1級くらいします。
2万くらいだったかな、直近のヴィンテージの正規の値段がそれくらいだと思いますが、バックヴィンテージということを考えるともっと凄い値段をつけているところもちらほら。
ただこれはジャパンインポートシステムなので並行品かな。
なかなか飲む機会のない生産者なので買いました。

このクラスになるといつも気になるのは、超一流生産者の村名と、普通の一流生産者の1erはどっちを買うのが良いのということ。
あとは村名でこれくらいの熟成期間ってどうなんだろう。半端に寝かすよりサクッと飲んだほうが良いのか、村名だしこれくらいで飲み頃なのか、それとも1級のようにもう5年くらいは寝かせたいのか。





おっと、けっこうキノコとか森の腐葉土とか本格的な感じの香りですね。
血もあるしバラもあるけど土かな、僕は全わかんないですけどジュヴレっぽい感じなんだろう、たぶん。
次第にジャミーさも出てくるようで、そこまでブワッと香るものではないが、秀でたものを感じ期待できそうだ。

流石にうまい。
香りとか纏うニュアンスはそんな感じなのだが、一方できちんと舌の中心に甘さを感じる。
酸味も適切だし、しなやかなエキス感も薄さを感じさせず、ミネラリーな感じというか構造感もきちっとしっかり立って整ってる。
飲めば木苺のようなものも感じてくるし開いてどうなっていくでしょう。

村名ですから、いささかの薄さ弱さ水っぽさみたいなものはあるが、全く不満ないでしょう。
これが1万5千円くらいまでならそりゃ皆買っちゃうから、今の価格というのもしょうがないのかな。
村名でも1万本程度なので、日本酒でいえばこのキュヴェだけに限れば50石ほど?。やっぱり市場の広さに対する希少性を考えたらもうしょうがない気はする。
ただレストランで2倍3倍で飲むのは無い。

ほんの少し薄い気はするのだがウメェなこりゃ。
甘露感がきちんとあるし、エキス感がエレガントで高級。
なんというのかなジャミーな感じは若干安っぽい気がしないでもないが、ないよりは百倍マシである。
あとは難癖付ければ少し青いか?
うんでもキレ感みたいなとこ、全体の構造としてぼんやりとかふにゃっととかしてる感じは無くて、カチッとしてるのは流石っすね。

正直いっくらトップ生産者でも村名はたかが知れてるよなと思っていたけど、1級で、あるいは2万前半のちょっとショボいグランクリュなんかでこれよりイマイチなボトルも割とあります。
熟成感とかはあっても、甘みが足りなくて全然つまんない奴とかね。それがクラシックとか言われたらもう俺はちょっとわからんけど。
少しあざといのかもしれませんが、まだもう少し寝かせても大丈夫そうですし、これはお見事、参りました。



やっぱりジュヴレっぽく、タンニンがそこそこしっかりしてるんだな。
それが程よくザっと黒い。
もう少しタンニンが落ちて来ても良さそうだね。
あえて言えば少しヨーグルトっぽいのがあれか?

んおっ、2時間くらいすると凄い何とも言えない香りしてきたな。
味わいのほうも文句ないし、やっぱこりゃ美味いや。



2日目。
キノコや森の深みやニュアンスは健在だが、甘みは流石に飛んでるかな。
とはいえ含んだ時に香りの立ち方だとか、あるいはエキス感の適切さなどは相変わらず。
やはりこれは村名の範疇に収まるワインではないのだろう。
備わっている格が違うというか、はっきり抜けてる。















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3626-4f8deae4