FC2ブログ

日本酒感想日誌

コルトン グラン・クリュ クロ・ロニェ2011 ドメーヌ・メオ・カミュゼ

  0   0


若いだろうなあと思いつつ、まあ若いのを飲んだこともないので経験として。
もっと若いの飲んであれこれ言ってる人たちもたくさんいるからね。

これは安かった23000、というか当時の正価なんだろうね。
最新のヴィンテージは4万の税とかだから値上がりぱない。

コルトン、というかコート・ド・ボーヌ自体さっぱりわからん。
シャブリみたいな感じでグランクリュの畑はたくさんあるけど、本当に特級レベルのは少数みたいな感じか?






香りはまずまずいいよね、黒っぽいザっとした感じに、赤系のチャーミングさもある。
味はやっぱりまだ酸っぱいし、いかにもまだ開いてないなという感じがするよ。
エキス感なんかはいかにも良いワインだなという感じなのと、円い感じはするけどね。
まあ全然飲めなくはないか。

最初は酸っぱいか?と感じたが、温度がちょうど良ければまずまず行ける。
グランクリュという凄みみたいなのが出てきそうな感じはどうなんだろうか?
とにかくやたら柔らかく、甘やかな熟した果実はありそうだ。
ほどほどに土っぽさや青さもあるような気がするけれど、少しボディが薄いというか浅いというかそんな気はしてしまう。
ザっとした黒いのがあるのでタンニンはあるんだろうけど、そんなにがっちりした風には感じない。
ストラクチャがしっかりしてないというか、ミネラリーが足りないというか……。

悪くはないんだけど凄みとか雰囲気があんまり感じられないなあ。
寝かせれば良くなってくるのかい?
森の土とかスパイスも出てくるような気もするけど、そういう問題じゃなくて跪くビジョンがわかない。
瑞々しくて飲みやすいは飲みやすいんだろうけど。
ルソーの村名に負けとるぞ!!
なんか薄いジュヴレ・シャンベルタンみたいな感じ。


2日目。
土臭さ。
ブラッディなエキス。
だめだこりゃ。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3669-d0432226