FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1469】磯自慢 特別純米 雄町53 2019BY

  0   0


珍しく、でもないですが磯自慢なんかやったのでもう一本。

普通のをと思ったのですが普通じゃないか?
はせがわのグランスタで売ってたやつでもしかしたら限定かもね。
磨き53の雄町なんですが“特別純米”です。

雄町55ばっか出てくるけどそれとは違うのか、それともグレードアップ版なのか?
たしか3000円くらいしたので、もはやスペックも価格も純大にちかい純吟なのですが、特別純米というのはどういう意図なんでしょうね。






普通にそこそこ美味しい純吟だな。
磯自慢として想定するよりもわりとフレッシュでジューシーなテイストになっている気がします。

バナナもありますが、それ一辺倒という香りでもなく、バニラやブドウなんかも感じる。
少しポチャッとしたサイズ感に、やや酸をいれてのジューシーさ。
程よい甘みで、ボディの感触としてはややシャキシャキ系なのかな?とろみもあるんだけどね。この辺は何となく仕込み水の雰囲気とかが出てそうなところなんですがどうでしょう。あのー松の司の仕込み水違いのお酒がこんな感じだった気がする。
ほどほどにキレ感はあり、少しスーッと清涼感も出るのでアルコール感としてとらえて嫌な人もいるかもしれない。
ただ程よく甘い感じは残って余韻も長めです。

悪くないし面白いね。
やはり綺麗なんだけど、かなりとろっと重めのゆったりメローな運びで、それをキレ感でまた持っていく。
でもしつこくキスっぽくは無くて、中心部はクリアに無で逆になさ過ぎるくらいかな。個人的にはこれがあんまり好きじゃないんだけど。このパターンは少し苦味を感じる。
少しアルコールとかビターとかも出る瞬間があるのですがそこそこ甘さもあるので、コレジャナイと思う人もいるけど凄く文句のある人もいないでしょう。

やはり細かい香りの重なりやブライトさ、酸が低いといわれるんだけど透明感を感じる響きなんかは巧み。
ぽちゃぽちゃなんだけど、明るくて伸びやかな部分もあるし、値が綺麗だから味の渋滞みたいなのはあまりない。

割高だし、ものすごく良いぞ!と日本酒マニアに勧めるほどでもないんだけど、やはり磯自慢らしさはあると思う。
ただこの細かい違いを感じられる人が多くないかもね、意外と一般の人が飲んでいい酒だと満足しそう。
一般の人がね、ちょっと割高でもよーし磯自慢のむぞーといって、こういうのがあるのは良いと思います。価値がある。



うん、良いな。
もう一歩欲しいっちゃ欲しいけど、開けて纏まってきたぞ。
まずは香り、バナナやメロンやバニラもありつつ、酸のジューシーで明るブドウとか、あるいはパインなどのトロピカル。

まったりとしたスローなタッチ、高級感を感じるであろう重量感。
なるほど、これだけのパワーがあるともっと磨いて綺麗にして、逆に芯から味わいを出すみたいなね。これはまあ雄町の53かって感じがしないでもない。
でも逆にこれは中心は綺麗で、側を少し苦味で固めてキレって感じか。
でもこの次第に出てくるスローさとか、キレイだけど分厚いとか、側は苦いけど芯には徐々にクリーミィさとかキレ感とかキレの鼻に抜ける甘さが出てくるよねみたいな。

表現は巧みで色々探すうちに進みます。
黒龍なんかでもたまに感じる、めちゃくちゃ根本的なところが俺好みでなさそうな感じもあるんだけど、細かいところは良いしどこかで完ぺきに折り合うポイントが無いかなーと思う。
やはりもう少し磨いたお酒で寝かせてということになるのか。
明日も楽しみです。
















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3686-1900a7e3