FC2ブログ

日本酒感想日誌

マルサネ・ロゼ フルール・ド・ピノ2018 ドメーヌ・シルヴァン・パタイユ

  0   0


コート・ド・ニュイ中もっとも評価が低いというマルサネで、それを覆すような注目の生産者らしい。
インポーターはラシーヌでビオ、自然派的なジャンルなのか、それともわりとガチめのAOCワインなのか飲んでみないと何とも言えないところです。
価格は正規だと9000円くらい、安いとこだと6000円くらいから買えるみたいですが。





どうだろう。
そんなに香りが強いってわけもないんだよな。
妙なとろみがあってそこは面白い。
酸味はかなり出ているが、それを甘みがコーティングしているようなイメージで、まあいける。
赤飲んでみないと何ともかな?

独特の香り、味わい。
バラとかベリーもあるんだけど、少し青さとか土も感じるような。若干こもり気味なのかそれともピノとかテロワールとかそういうことなのか?
若干金柑のような薬っぽい感じがあるようなのはビオっぽい。
スッと入ってさっぱりなようでいて、とろんとしたトロミとともに優しい滋味があり、ここは確かに特別な気もする。
すこーし影のあるようなところもありつつ、チャーミングな甘みもある。
うまいこと香りとか、ちょっとピッとしたミネラルなんかも感じるかもしれません。

どうなんだろうねえ、まあ美味いっちゃ美味いけど。
赤はどうなんだ、すぐ飲めるのか?

良いっちゃ良いけど、そんなに良くもないような?
ブルゴーニュのロゼだからいいのかな、確かに表情はほかとちょっと表情は違うか。
とろみは面白いんで、少し寝かせていい状態なら飲みたいなと思いますが、現状買い足さなきゃとかそういう気持ちはあんまり湧いてこない。

うーん若干面白みが足りない?
ストロベリーリキュールみたいな感じ。
ピュア、しっとりとろみもあるが、テンポとしては跳ねるように軽快。
それなりの集中力やしなやかさとか、要素それぞれは面白いけど、なんかチグハグというか魅力に欠ける。


2日目。
相変わらずよくわからん不思議な感じ。
悪くなってる感じではないと思う。
やっぱりそこまでわかりやすくもない感じがピノなのか。でもチャーミングさもある。
ロゼなのでそんなに深くはないんだけど、ゆったり受け止める懐。
いい具合のミネラリーなキレ感や深みもある。
ちゃんとした赤で、寝かせてどうなんでしょうね。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3700-5aa3b39d