FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1478】醸す森 純米大吟醸 生酒

  0   0


純吟とセットで買ってきた小瓶。
純吟のほうは所謂活性にごりのようなタイプで、そういった商品としての出来は良かったです。
こっちはどうなんでしょうね、スペックとかは適当に調べて。

四季醸造みたいなスタイルだとBYとかあんまり意味をなさないので、ビールのバッチみたいな記載をしたりすると面白いんじゃないかなとふと思いました。
あるいは加茂荷札のあのバージョン4.3とかああいうのとか。





これも濁りのしゅわしゅわ14度かあ~。
え、火入れもあるの?
ふーん。

こっちのほうが甘くて、ガス感も落ち着いてるかな。
甘い活性にごりです。と
活性にごりというか瓶内一次発酵というのか一段仕込みなのか詳しくは知りませんが。
そっち系の酸味はありますが、そっち系のは往々にして酸っぱすぎる、みたいなこともあるのでそういう意味でいうとよくできていて美味しいと思います。

好きな人は多いでしょう。
お店とかで日本酒飲んだことないんです~みたいな人に飲ませるお酒だよね。
僕らも年に1回2回たまに飲むにはいいけど、そんなにどうこう言うお酒じゃないかな。
そういう距離感を保って飲む分には凄くいいお酒だと思う。


日本酒ファンも酒屋ももう少し節度をもってというかね。
例えば今でいえば光栄菊でも楽器正宗とかなんだけど、がーっと話題になってバカが飛びついて絶賛して、数年後には落ち着いてそこそこでフェードアウトしてくみたいなさ、そういうことが多すぎる。
飲み手も悪いんだけど、酒屋の問題なのかな?
もうちょっとお互いちゃんとやらないといつまでたっても安酒で、蔵もつぶれる一方だし、酒屋ももうからないから潰れていくだけだし、そりゃ販売チャネルが減れば酒なんて売れるわけないじゃんて。ただでさえ人口も減ってるし酒飲む人も減ってるのにさ。
業界団体みたいなのが、もう少し蔵も販売店も儲けていこうみたいな動きをしてほしいもんだけどね。


うん、でもねコレは結構うまかった、ごめん(笑)
甘みは十分だけどしつこくないし、酸味はきつすぎない。
嫌みもないし、少し酸味とか渋みとかで、こっち系の商品で好ましいカラフルさみたいな。
前も言ったけどなんか仙禽とかでさ、なんかどっかであったかもなみたいな。
それの出来のいいやつ。
これだけ飲むっていうのは無いけど、でも世の中の人は2合も3合も酒飲まないらしいし、ちょうどいいのか。
これも今の需要に合わせた商品なんでしょうね。
その前に王道をちゃんとやれというのが本当に業界に言いたいことですが。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3705-348f3f06