FC2ブログ

日本酒感想日誌

ゲヴュルツトラミネール フルシュテンタム2012 ドメーヌ・マルク・テンペ

  0   0


急にアルザスの甘めのワインが飲みたくなったので、前に買っておいたマルクテンペ。
ゲヴュルツ、というかアルザスのマルセルダイスとかも好きですけど、たまに飲みたくなりますよね。
マルクテンペわりと安いんですけど、前回やった時も文句なしだったので期待です。
ピノグリとかもやってみたい。





ライチやマスカットにバラ。黄桃や杏にハチミツ。花の香りにスパイシーさ。
品種由来のアロマティックさは相変わらず。
そんなにガツンと余韻が長いとか、スケールが大きいとかのお酒ではないんだけど、逆にそんなにしつこくもなくてスッと飲みやすい。

嫌らしくない甘みにきゅーんと鮮やかな酸味が一体感をもって、グラスに少しガスがつくようなところからシュッとキレよく。
残糖はありますがそこまでしつこくなく、酸味はそこまで強烈なわけではなく甘みとのバランスがありますが、アルザスのきゅーんと輝きというか煌めき、白い光のようなものを感じます。
花とかスパイシーさの加減なんだけど、少しジャスミンか百合、あるいはフルーツティのような紅茶感。
フィニッシュが少し苦いのはこの品種ではしょうがないことですが、それがバランスです。
フォアグラのテリーヌとか食べたいな。

ミネラル感はどうでしょうか、
ズドーンと太い感じはしませんが、リズミカルに乾いた白い石のようなものもあるような気がするしシュッと気持ちよく行きます。そのあたりから匂い立つようなニュアンスもある。一方で酸味あたりから少し塩気のあるゆったりした海洋感みたいなものも感じるかもしれません。
いやしかし美味しいんだけど、アルザスのワインって胃がキューっとなるんだよね。リンゴジュースもこうなるんだけど酸とか糖分とかの兼ね合いなのかな?好きなのに悲しい。でも懲りずに飲むくらい好き。

まあしかし相変わらず文句ないな。
ゲヴュルツも好きだし、アルザスのちょい甘口も最高だし、マルク・テンペも良い造り手なんだろう。
このあたりのワインこそ流行りの日本酒ファンが飲むべきで、アロマティックだし甘いしキレもあるし、1万以下で買えるという。


2日目。
ウメ―!!
落ちていない、むしろバランスが取れていて冷蔵庫くらいの温度からで凄く気持ちよく飲める。
相変わらずのアロマテックさだが、エレガントに色んな香りが順番に。
生き生きとした酸の輝きやエレガントさ、すぅーっと抜けるほんの少しのスパイシーかスモーキーさみたいなものも良い。
もちろん甘みもちゃんとあるし、ミネラル感も整ってる。
うーむ、いよいよかなり良くできた日本酒を飲んでも、こっちのほうに惹かれるようになってきたか……。

しかしいいな、鳥肌の立つ瞬間もあるぞ。
マルセルダイスは間違いないが、普通にこっちで良いか?





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3726-6960037d