FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1491】神亀 純米樽酒

  2   0


この時期恒例らしい、神亀の樽酒です。
この時期と言っても間違っても新酒ではないと思います。

生詰めで、レギュラーの純米酒を樽に入れたものなのかな?
『冷蔵で熟成させ、ころあいを見て瓶詰め出荷しております』だそうです。

樽酒の杉の香りって嫌いな人もいると思うけど、僕は好きなんですよね。
酒屋さんに言われてハッとしましたがこれもボタニカルだよね。酒でボタニカルって言うとジンの浸出するもののイメージが強いですが、本来の意味でもそれ的な意味でも。
ボタニカルな香りが~とか言ったら神亀もかっこいいでしょ(笑)




常温から。
といっても日が暮れてからベランダに出しておいたので、寒い今日だと5度くらいから。
1回火入れで冷蔵熟成だからだと思うけど、冷蔵で売ってたりするしまずはこの温度から。

最初の印象は男っぽい?
ガツンと樽の香りが効いています。
味わいはやや優しめ柔らかめのボディ感に、お米の旨味エキス感はありますが、まだそこまでガッツリ熟しているという感じではありませんね。
フィニッシュはややボタニカルな香りか成分か、ややスマートにほんのりとビター、あとは神亀の辛口ですね。

うーん冷たくても飲めるけどやっぱりこれはお燗かな。
でも杉の香りと、お酒は荒々しくは無くて優しさとか綺麗さスマートさもあるんだけど、良い味わいやキレという。
美味しいですよ。

お燗。
温めると優しさが目立つ。
神亀ってもう少し甘みとか味わいとかバーンと来るイメージなんだけど、これは熟成が浅めなのかナチュラルでメロー。
そこに香りの爽やかさと、少しの酸味、さらにちょっと苦みがスマートさをだしてて、飲みやすいし楽しい。
でもやっぱりちゃんと甘みもある。

これはこの時期の風物詩的に、毎年押さえておきたい1本かも。
青いような清々しさが年末年始の気分にぴったりだし、もちろん普通に美味しいので今日なんか寒いけど、鍋でもつつきながらね。

樽酒の香り好きだな~。
時期的に真澄の樽酒も出てる頃だけどあれなんかも。
むしろ杉スティックを常備しておいて、甘めの酒なんかに突っ込んだら楽しいのかもな。
杉だけじゃなくていっそハーブとか入れるのもありか。

2日目。
常温で。
うーむ良いね。
円やかさのあるタッチ。
エキス感はあるのだが、それをガツンと持っていく樽のニュアンスと少しの酸味。
コクやビターさ、やや苦みばしりつつ持っていく。
その中にスッと綺麗さが出て、キレ感のところなんかは好ましい濡れた石とか。
楽しめるお酒ですよね~。






2 Comments

龍力大好き says...""
樽の匂いって良いですよねえ。私はウィスキーやラムと云った樽酒蒸留酒から入ったので、寧ろ樽の匂いがないお酒はちょっと物足りなさを感じるときがあるのでこういったお酒は大好物ですね。この神亀はドライフルーツと合わせながらちびちびと飲みますが、鍋も良いですよねえ。
樽酒だと皆さんに非難されるかもしれませんが、白雪と菊正宗の樽酒がお気に入りのお寿司屋さんで飲むときに滅茶苦茶好きですね。

前の記事で他の方が龍力の蔵出し新酒をお薦めしていましたが今年は蔵出しの方が私も好みだったのでお薦めですよ。対になる金色の純米しぼりたては美味しいのですが、銀の蔵出しと比べると一歩引けを取るかもと思ったので。
2020.12.16 00:38 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 龍力大好きさん"

なるほど、確かにこれなら蒸留酒のような飲み方もありですよね!
実は僕もちょうどスーパーで売っている菊正宗の樽酒が気になっていたところで、樽酒が手軽に飲めるならアリだよなと笑
買ってこなきゃいけませんね。

そしてこちらからもお勧めが入るとは。
これも買ってこなきゃ!
いつもありがとうございます。
2020.12.16 15:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3730-abd78037