FC2ブログ

日本酒感想日誌

ニュイ・サン・ジョルジュ 1er クロ・ド・ラ・マレシャル2005 ジャック・フレデリック・ミュニエ

  0   0


シャンボール・ミュジニーの名手、ミュニエ。
特級のミュジニーやレザムルースなどは垂涎のキュヴェですが、これはニュイ・サン・ジョルジュのモノポール。
フェヴレに貸してたのが2004に戻ってきたんだって。

ニュイ・サン・ジョルジュの最南端だな。
ニュイ・サン・ジョルジュっぽさと、ミュニエの軽さエレガントさみたいなのが良いバランスだと良いな。

ここまで全部適当な受け売りです。
25000円、ちと高かったか。






今年ラストワインだと思う。頼むぜ。

グッド。
パワーや凄みは感じないが小洒落たワインで、最初から楽しめる。
今飲んでも楽しいけど、タンニンの感じとか見るにもう5年くらい寝かせてどうなんでしょう。

柔らかいタッチで、何とも言えない甘やかさがふんわりと香る。
酸味もバシッときつく無くて、ふんわり軽やかで繊細なワインのように思う。
そこに少し鉄っぽさというか、土っぽさやタンニン感などがニュイ・サン・ジョルジュっぽさなのか?
とにかくそんなに気合を入れて飲むというよりは、仕事なんかでこわばった気持ちを年末に向けてほぐしてくれるようで、今日に気分にあっている。

いい意味で薄口、軽やかな甘み。
赤系のイメージが強くて、そこにうっすらと花のアロマが乗ってくるような。
酸味も軽めで、いい意味で薄いオレンジのような?あるいは少しアセロラとか。
そこに少しスーッと青い清涼感があるが、青くて嫌だというものでなく好ましい。
また仄かに土系とタンニン。
いい意味でさらっと水っぽく、かといって薄くはない。ミネラル感もある。

なるほどね~。
村名でも飲みたいなとか思ったら3万もするのかよ。さすがだなあ。
そりゃ皆これ飲むわ。

うーん、良いね!
軽やかな甘露だが、ある程度の構造感と言うか粒立ちみたいなのもがきちんとある。
瑞々しくて、かといってちゃんとエロさとかエキス感の旨味、仄かに革や松やスパイス。
これが15000くらいで買えたらいいんだけど(若いものなら買える?)、まあこのしっとりした感じとか、それでいてピッと発露もあるので価値はあるというかしゃーないですね。
つーかミュジニーはどんだけうまいの……。

比較的不人気アイテムなんだろうけど、別にこれは良いと思うけどね。
ひゅいっと入ってくる水っぽい甘みがね。
そりゃビンビンに来るパワー感はないかもしれないけどさ。
まあでもこの価格だと高いんだろうな~1万代で収まるならいいんだが。

すくなくともこういうワインとわかっていれば、気分に合う日は必ずある。
何がに合わせるとなると意外と難しいかもしれないが。


2日目。
おいおいウメエな!
物凄くビンビンに来るわけではないんだけれど、きちんと綺麗でブルピノ的な妖艶さがあり、エキスの旨味があり。
それでいて程よいチャーミングさもあれば、土っぽさもある。

まったく落ちてないんですよね~ワインはこーれが難しい。
いい状態で飲む経験値が足りない。
2日前抜栓でデキャンタージュして……とかさ。
素人にんなことできないもん。

ちと高いかなあとは思わなくもないけど、まあしゃーないですね。
1万代で旨い上級ブルゴーニュ、それも熟成品をピンポイントで探すのはもはやかなり難しそうなので。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3747-67004d49