FC2ブログ

日本酒感想日誌

ムルソー 1er スー ル・ド・ダーヌ2001 ドメーヌ・ルフレーヴ

  2   0


みなさま今年もお世話になりました。
さて大みそかですがワインの気分になっちゃったので。
日本酒党を自称しておきながらあるまじき蛮行な気もしますが、気分が大事。

ルフレーヴのムルソーです。
ピュリニーよりで標高の高い畑ですね。
昔はピノ・ノワールが植えてあったそうなのですが、95年に植え替えて2000年がファーストヴィンテージとかそんな感じらしいですよ。
24000円、2007もあったけど古いほうかってきました。





若干液漏れ風だけど大丈夫か。
輝くような黄金色。

白い花系の香り、そこにハチミツとフレッシュなフルーツもありつつ、少しアーモンドとか栗?
ねっとりと舌に絡むようなテクスチャなんか、なぜこんなにお隣と違うんだろう。少しなんだけどはっきり違う。
もはや品種から違うかというくらいで、少し思い出したのは二コラ・ジョリーのクーレドセランとか。あれなんかちゃんと飲み頃のやつ飲んだらいいんだろうな。

うーむ旨い。
このリッチなボディ、厚み、クリーミィさ。
魅惑的な熟成感に、華やかさや煌びやかさがあり、少し塩気苦み強めで締める。あえて言えばこの辺がムルソーっぽくあまり好きではないところなのか?
ムルソーほぼ飲んだことないレベルだし、それは逆にあんまり美味しいなあと思わなかったからなんだけど。
この気になるところが目立ち過ぎちゃうお酒も多そうだなあと。

しかしだ。
こーりゃ美味いや!2007も買ってくるべきだったか。
花にフルーツに、オークのバニラに、仄かな熟成感。
この煌めき、ムルソーの厚み、あとはきちんと甘やかさが感じられるとこかな。この少しの甘やかさがないとそっけなく感じちゃうから。
酸味も滴るような凝縮感があるし、全体のクリアーさだったり、ミネラリーな焦点の合い方も。
余韻も長大とまではいわないが十分。



貴族の飲み物だね。
大晦日この酒で文句なし。さすルフレーヴ。こりゃまあネクタルだわな。
このキラッキラの煌びやかさ、キレキレの酸。
それに支えられたリッチさ、繊細な香ばしさ甘やかさ。
ムルソーのリッチさの極み。

マロンやバター、少しのシェリー。
そこにリンゴやグレープフルーツな溌溂とした酸もあるんだけど、一方でカリン、さらに白桃のような甘さも密やかに。
リッチで馥郁とした味わいをゆっくりくるんと酸味がコーティングして切れていく。
クリーミィな旨味の余韻。
すこしシャンパーニュに近いみたいな香ばしさとかカラメルもあるのかな。

グランクリュ、まではいかないかもしれないがこの価格で全く文句なし。
ムルソーの良さ、あるいはイマイチさ、考えさせられる有意義な体験ですが、これは美味い。
本拠じゃないムルソー、それも2年目でなんでこんな酒が造れるんだろうな。19年たっても何にも悪いとこなんてないし、逆にこんなもんの5年10年で飲んでいろいろ言えるのがすげーよ。5年とか俺が飲んだら酸っぱいで終わりそう。












2 Comments

みりん says...""
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

このワイン、美味しかったようで、何よりでした。

ルフレーヴは、バタール・モンラッシェとその他何種類かしか飲んだことがないのですけど、最初に素晴らしいバタール・モンラッシェを飲む機会があったその後は、ちょうど色々と難しい時期だったのか転換期だったのか、それが今でも続いているのか、長年の本格的なワイン愛好家からは少し距離を置かれているようですし、価格も5倍みたいな感じのようになってしまっているので、もう一度という気持ちは萎えてしまっていたりします。(;^_^A

こういうゴージャスで洗練された感じは、基本的に日本酒ではほとんど辿り着けない境地ですよね。ただ、こうしたのを何十本か経験していくと、ふとした大切な瞬間に龍力や松の司などの繊細な美酒が思い出される時が来るのではないかと思います。
こうしたインパクトもある良いワインを経験してしまうと、5年から10年かかるようには思いますが、また大晦日に日本酒を飲んでもらえることを個人的には願っています☆

私は大晦日から先ほどまで、妻と一緒に、醴泉・玉、龍力・天神地祇、無窮天穏・SaGa・赤、無窮天穏・SaGa・青を料理に合わせて少しずつ嗜みました。ステイホームが続きますので、開栓後の変化もゆっくりと見守りながら、少し長い正月休みを過ごそうと思っています。
2021.01.01 03:51 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"

あけましておめでとうございます!
お正月から素敵なライナップで飲んでいらっしゃるようで……醴泉はまた飲んでみないといけませんね。


ルフレーヴもまあ色々あるみたいですが、なんだかんだやっぱり良いですね。
いい気分にしてもらいました。
とはいえまだまだ日本酒も飲んでいくつもりですので、本年もよろしくお願いします(笑)



2021.01.05 20:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3751-3c037d9b