FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1505】中乗さん 厳寒水 直汲み 2020BY

  0   0


袋吊りに続いての直汲み。
こっちはラベルあり、こっちのほうが本数多いのかな?





はやり少しクセはあって、その意味では先日やった香住鶴なんかとも共通。

結論から言うと何故なのかは不明だが、こっちのほうが好きだ。
かなりはっきり違う(同タンクと仮定するとして)。

まずしゅわしゅわするほど強くはないがほんの少しガスが溶けているようだ。
そのせいでキレ感というか、良いドライ感や歯切れの良さがある。

ただなんだろう甘みとか、味わいのふっくら感みたいなのがこちらのほうがあって、キレ感もこっちのほうが適度。
袋吊りはビシッと強すぎたんだけど、こちらのほうがチャーミングで楽しめる。
良いバランスになってますよね。

新酒的なフレッシュさ、お酒の甘みと酸味。
酸味のところは少しウッディなカラフルさをもって。
さらにちょいと乳酸。
クリアー感があって、ちょっとスパイシーも出るけど、そこまで気にならない。
ミネラル感もあって、キレ感がなんというのか単調でなく、ずずっと立ち上るようなところもある。


これは良かったですね。
こういう意欲的な商品出してくれるのもありがたいな~。
ほんと神だから飲んで、みたいな感じではないんだけど地方の小さなマイナー蔵の楽しみが詰まってる。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3767-b680d867