FC2ブログ

日本酒感想日誌

コンドリュー2011 ガングロフ

  0   0


ローヌ、コンドリュー。
ヴィオニエです。





すこし緑もあるような色で薄めですが煌めいています。
香りはハチミツに酸っぱい柑橘、少しライチや花系でスパイシーさ。紅茶とかバラも少し。トロピカルもまあ。
ただガンガンにというわけではなくエレガントにまとまっているといえるのかもしれません。
10年の寝かせがどう作用してるのか、この手のものは若くても飲めそうだから。

かなりとろみがありオイリーなタッチで球のよう、ほんのりとアロマティックで多彩な香りを纏うが、はっきり残糖がある甘いタイプではない。
香りは色んなニュアンスがあるんだけど、意外とオイリーさと寄り添うのが極優しいメロンクリームみたいな。
酸味が煌びやかさもあるんだけど、もっと行くとビネガーになりそうで、乳酸みたいな旨さも少し。
すこし塩気のあるような感じでミネラル感もまあまあ。
この手のでありがちな苦みはそこまで出なく余韻は長い。

うーむ、よくわからん。
基本はアロマティックな品種なんだろうから、若い時のほうがもっとブワッと香ったのかもしれない。
そしてこの手のだと僕は甘いものを想像してしまうんだけど、なくはないにしろ甘いワインではない。
非常にリッチなタッチとかボディはそりゃいいワインなんだろうなって感じるが……2万するのは高すぎ。


なんか少し石っぽい感じあるな、たぶん土壌の問題でこれはプラス。
いい意味でのひんやりした感じやスーッと感みたいな。
乳酸っぽいのはマロラクティック発酵ってやつなのかなあ、バニラとかヨーグルトとか。
アロマはもちろん良いですけども、ゲヴュルツとかあっち系。

これはなかなか評価が難しい。
ヴィオニエをもっと飲んでみないと何とも……ここまで寝かせる必要もないし何ならもう少しカジュアルなものでも楽しそうなんだけど。
でもこのリッチさとか、ブルゴーニュのシャルドネの本当に良いものみたいなのもあるから高いのか。
そう考えるとピュリニー、シャサーニュ、ムルソー……ありなのか?良くなってきたような気もする。薄
もう少しズーンと言って欲しい気もするけど、逆に少しさっぱりしてるんだけどしゃらーんと軽め涼やかな煌めきみたいな?
うーんでもやっぱり少しソフトな感じはあるのが何とも言えないけどどうなんだろうな。
この香りとリッチさで貴重ってことなのかな。

やっぱなんか少し足りないな。
レアさ込みの値段なのかな。

2日目。
な・る・ほ・ど。
少しビネガー調の香り、酸味。
ミネラル感も無くはないけど、そりゃピュリニーだなんだと比べたら不足なので、寝かせないで飲むのが良いのかもしれない。
でもこのねっとりしたタッチは明らかに凄い。
香りなんかでいうとムルソーとかそっち系のイメージもある。
そう考えるとこういう評価は適切なのかもしれない。
美味いのは美味い、香りと意外と冷やして涼やかさがいいような。
少しシャンパンみたいな香ばしさも出るかな。
結構変わってるというか、何回か飲んで色んな影響とかが読み取れて面白いのかも。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3775-56f0b708