FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1518】伯楽星 雪華 純米大吟醸 おりがらみ本生 2020BY

  0   0


随分なつかしいお酒です。
10年近く前このお酒が好きでした。当時は雪華なんて名前は付いていなかったはず。
たしか雄町40の純大のおりだよね。

伯楽星はなんか杜氏が若い女の子になったんだっけ。
まあ儲かってたら酒造りなんて大変で自分でやりたくないよね、なーんて意地の悪いこと言ってみたり。
あとは今年から扁平精米がとうたらとか書いてありました。





ちょっと濃いうすにごりくらいかな。

相変わらず糖分の少なそうというか、独特のスッキリ感はある。
たぶん味わい的にはそこそこ変化はしてるとは思うんですけどね~。
まず少し酸味があって、流行りのライトな酸のあるタイプに寄せているような気はします。

ブドウ系の香りに、少しイソアミルとかほかの香りも感じるか?
いやあ酸味のとこなんかでグレープフルーツとかのががはっきり感じるかも。
あえて言えばふわっと少しライチとかね。
シルキーな感じや瑞々しさはなんかは感じつつ、まだ若くて硬い米味が少し。
すーっと仄かに清涼感があるようなフィニッシュで、キレはそんなにビシッと来る感じではない。
余韻は硬めのエキスから少しもたつく甘やかさ。

う~ん。
こんなだった気もするし、そうでない気もする。
まあ飲みやすいしやりたいことはわかるけど、ちょっと磨いた普通のしぼりたて純米酒って感じ。
別に悪くはないですが良いって感じでもなく、価格考えたらまあこんなもんかあってくらい。

ここのスッキリ感のみごこちとか、流行りに寄せてるにしても酸味のエッジの立ちかたなんかは良いと思うけど、エキスっぽい味わいがあんまり。
香りの立ち方はいいとはおもうけど、昔いいなあと思ったのはマスクメロンみなんだけどなあ。静岡吟醸でも買ってくるか。
ミネラル感とかストラクチャがバリっと立つタイプじゃないので、目指すとして澄酒で少し甘くて酸のあるものですっきり飲める、くらいのレベルでしょうか。
うーんつーか澄酒のがいいよねたぶん?
ビリっと鳥肌が立つようなお酒は難しんじゃないかな、あの残響スーパーなんちゃらとかはどうなんだ、知らんけど。
あとは3000円を各々がどう取るか。


2日目。
まあ特に変わらずなんですが。
このグルコースの低そうな味わいはなんか独特なんですよね(あくまでイメージを適当に言語化してるだけです)。
硬いわけではなくて、潤いのあるような……。
思い浮かんだのは天明の喜多方山田86とか?
焚いたお米を噛んで薄く延ばしたみたいな。
あれも薄濁りだったっけ?

まあそう考えるとありか。
だからこれが雄町40でやることなのか、という問いはあるんだけど結果としてそういう認識で行けばいいか。
むかしとはちょっと違う気もするけどねえ。
こういう物だとわかっていれば、別に十分なお酒。

だからこういう味わいなら、もう少しカッコつけてナチュール的なイメージでつくったらどうかね。
ある程度の金取るならそこはもう細かい質感の話になっちゃうけど、もう少し薄く、ビッと、スッとしみ込むように、みたいな。どれも無くはないんだけどね。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3793-54b81aef