FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1523】篠峯 純米大吟醸 愛山 無濾過生 2019BY

  0   0


ちょうど櫛羅もまだ少しあることだし、1年でどれくらい育っているのかやってみましょうか。
もちろん篠峯に強いブロガーのインスパイア記事です。





一口目の印象はけっこう重い。
かなりまったりとスローなテンポの味わいに感じ、愛山調といえば愛山調なんでしょうか。
ミネラル感もゆっくり厚めにズズズっと来ます。

甘みはそこそこ出てて、ミルキーさとラムネ感とを感じるようななんとも言えない甘み、少し甘じょっぱさもあるかな。
それを酸味でコーティングしつつフィニッシュへ向け引っ張っていくような感じか?
どっちかというと呼吸させた方が綺麗にバランスが整ってくるタイプだろうか。

うんそうですね~少し甘酸っぱいような雰囲気も出て、一方で伸びやかさもありつつ少しクリアーというか痩せていてハーブ系のスパイシーがあるのは松の司の若いアゾラとかでも感じるので、まだ若いんでしょうね。やっぱり速醸でも生もととかそっち系の雰囲気があるんだと思いますここは。
後半のミネラルが少し重いというかビターで、ややエキス分とかとも干渉重複するような。
ほんの少しガスも溶けていて、熟成感はまだ全然なのは流石すぎる。もっと育てたほうが色々気持ちよくなりそう。
ただ最後の最後、パウダリーというか石灰とかそんな感じに中央からすっと立っていくようなミネラルっぽさは良いですね。

こういう味わいの出かたはやっぱり、黒澤とか惣誉みたいなのが違いのかなあ。
熟成に強いというのも共通していて一つの形なんだろうな。
一線級なのは間違いない。

明日に残しておいた方が良いんだろうなーという感じはします。
少しベリー系の雰囲気も出るような甘さで、クリアー感はあるけど、味わいとしてはその分痩せて感じられるところもある。
良さは十二分にわかるがベストではない、というところでこれが2年3年5年でどうなるのでしょうか。
飲み進めて、酸味のビビッドさや、ミネラリーなストラクチャがバシッと出るのも素晴らしいところ。

個人的にはここから生もとっぽさを引いたようなイメージのお酒だと最高なんですけどねえ。
篠峯でいうと山田錦の50で櫛羅、あとは40で吟和あたりとの比較も必要でしょうが、火入れだとどうなんだってのもあるのか。
吟和は生ないんだもんね~そうすると雄町か愛山か櫛羅なんだなあ。なるほど。
愛山的なチャーミングさは割と他の蔵に沿う形で出ています。
蔵元で1年くらいはこの辺は継続出荷してくれているようですけど、自前で3年5年寝かせるキャパが無いのが悲しいところですね。
こういう設備投資こそクラウドファンディングでもやってくれたら金払うけどな。

もうちょっと見ないとダメかねえ。
美味いのは間違いないんだけど。
少し甘い、当年ものの松の司アゾラみたいな感じだなあ。
その辺の熟成への示唆もふくめかなり貴重な体験でした。買いまして寝かせるかは迷うところ。

んーチャーミングさにフォーカスするなら普通に十四代買ったほうが楽しそう。
うーんミネラル感とかミルキーさもあって、もう少し寝かせれば濡れた石とかも出るけど問題は全体の膨らみとかボディ感が出るかだな。
あーでも常温でだいぶミルキーさが出て来て、かなり龍力みを感じるようになってきました。
キレのところの蒸留酒っぽいようなとこが痩せてるというところで、どっちかというと磯自慢とか黒龍のほうに近いと思います。
結局きちんと仕上げた吟醸酒よりの熟成酒の方向性としては、磯自慢でも黒龍でも松の司で龍力でも、おおむね同じ方向を向いてるのかなと感じました。何ならコーティングは違ってっも辨天娘でもなんでも、割と感じられるニュアンスとしては近いものがあるお酒って多いと思いますよ。
生じゃないとダメなのは、逆に最初の味が無さすぎる、というのが他とは違うところかもしれない。

いや、色々勉強になるお酒でした。
もう少し飲んでみたいところですが、こだまさんのように寝かせて売るような酒屋が増えると良いね。
義侠とか菊姫の凄いとこは、取り扱い酒屋もそういう意識のある所が多いところだな。
結局一部の先人はそれなりにちゃんと日本酒の王道、究極の旨さをわかってたてことだ。
いま点をつけるなら80点くらいでしょうか、なにかを100点に置いたとして。

続いて、開けて1週間ほどの櫛羅を飲んでみたんですが、これがかなりしっくりくる味でした。
他にいくつか銘柄を挙げましたけれども、おおむねその辺と同じ系統の味わいに仕上がってます。
こまかい違いはもちろんあり、篠峯は間違いなく一線級ですがね。
櫛羅の某店チューニングの開けて1週間は、篠峯らしい軽さや酸味の明るさも感じつつ、熟成感はベストでした。
細かい日数はガス入れるとか色んな状態で違うと思うので工夫してみてください。
そりゃわざわざ寝かせて売るような見識のある店がそれ選んで寝かせて売ってんだから。
愛山がさらに寝かせてこうなるのか、少し違うのかは何とも。
あとこの辺は絶対にぐい飲みのような小さい器では無理。
ワイングラスでも茶碗でもそれは自由だけど。

ただ生で、氷温じゃなくむしろ少し高い温度で寝かせてこうなるってポテンシャルは凄いと思う。
もしかしたら火入れも10年20年寝かせても十分美味しい状態で飲めるのかもしれないので、それは作品を残すという意味で凄いことだろう。
しかし櫛羅のここは凄いね。
一歩間違うとムレムレなんだけど、メローな甘やさや蕩け感に、酸味の明るさがあって、ミネラル感。
かなり良く仕上がってるな。90点。
愛て言えば柔らかでフレンドリーすぎて、ビンビンくる凄みに一歩かけるが、円やかな甘みと酸が凄い。
これなら龍力の熟成でも十分拮抗する。
愛山ももしかしたらもう少し寝かすなり、抜栓してからアレンジする形でいい具合にもっていくことはできるかもしれない。

2/18
まだ3日かそこらなんだけどずいぶん気の抜けたサイダーみたいになってんな。
10日たってる櫛羅がちょうどこんな感じだからもう少しポイント前だったかな?
















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3808-59916c7f