FC2ブログ

日本酒感想日誌

koti brewery ホワイトエール(再)

  0   0


昨年末に岡山からお送りしましたが、改めてコチブルワリー。

商品については検索してください。
酒オタ名乗るならこれ知らないのはちょっとダサい、というか感度低い?それくらいイケてるお酒です。
先日もちょっと気になって見てた尖ったワイン屋さんが絶賛して即取り寄せてましたけど、ビールというよりワイン方面からの評価が高いみたいです。





相変わらず優しくて、和食とかでも合わせやすいであろう味わい。
軽やかなので、そんなにしっかり飲む気が無いときに、家に置いておいて出番が必ずあるお酒。
熟成してもOKなのも嬉しい楽しい。

ほんのりとリンゴや桃のような香り。
ガス感も強くなくて、柔らかな飲み心地。
前回飲んだものよりガスは強いみたいだけど、注げばかなり飛んじゃいます。
苦みは少なめ、ビールなので甘くはないですがほんのりとフルーツを使ったビールみたいな香りと味わいで飲みやすい。

抑えめなんだろうけど程よく軽快な酸味があり、穏やかな麦の旨味があり、お米を食べているような味わいにも近く感じます。
ほんの少し柑橘や、あるいは使用されているエルダーフラワーやコリアンダーなのか、ともすると稲わらとか玄米、あるいは少し土の香りのする野菜とか。
繊細な要素が薄く折り重なるような感覚で、余韻の香味が素晴らしい。
そのまま読書なんかしながら飲んでも素敵だけど、食事にも合う。優しいほろ苦さがいかにも野菜のお料理に合いそうだし、白身の魚のお刺身とかもおいしいと思う。


この優しいとろみ、果実感、そして旨味とかいろんなニュアンスのバランスが素敵。
ビールっぽい味わいが強すぎなくて飲みやすいです。ビールってよりも謎の発酵飲料だ。
僕なんかそんなにお酒強くないので、これくらいだと何も食べなくてもリラックスして飲める。
ストッパーがあれば別に飲み切らなくても翌日も行けるらしいので、フルボトルで買っちゃったほうがいいと思います。
底のほうがまた美味しくて程よく粉っぽいテクスチャが出てきたりね。
日本酒もさ、変に薄い酸っぱいだけのお酒を売るんじゃなくて、これくらいバランスの取れた滋味もあるもの出してほしいよね。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3820-c03a9e01