FC2ブログ

日本酒感想日誌

それいゆ ピノ・ノワール2018 旭洋酒

  0   0


セラーもあけていきましょう。
山梨のごく小さなワイナリーだそうで、自社畑のピノ・ノワール。




ベリーやローズヒップなキュートさに、うっすら土系、ほんのりバターやバラ。

あれ、けっこう行けるな!
これ3000円とかでしょ、全然ありよ。

わりと甘みも残ってるような感じで、確かに少し和栗のような独特のニュアンス。
さらにバターのクリーミィで懐の広さがでていて、薄いってそんな感じないけどな。
寧ろまだ若いのに厚い。

すこーしスパイスもありつつ、前述の独特の風味。
自然派的な酵母っぽい旨味感もあるけど、酸味が強く浮いてこないので僕は結構好み。
あーまあいろんな要素がもっとガツンと来ればね、弱いとこはあるかもしれないけどね。
でもピノっぽさもあるし。


へーへーへー。
全然まったく1ミリも期待してなかったし、満寿泉の熟成のあとなんだけど、これちゃんと美味いね。
これ3300円で妙に入手困難でもないなら普通に良くね?
同じ価格のショボい海外自然派より良い。
そんなに構えずにサクサク飲むのにかなりグッド。

しっとり、ピュア。
出汁みたいなもあるけど、それも出汁の一本槍じゃない。


マジか、俺これ評価するわ。
買い増してもいいくらい。
一般的にはそんな評価されてないみたいだけど。
コテコテの濃いめのピノとかをイメージしてバカ舌が飲むからイマイチなんじゃないの?
ある程度薄めというのを甘受する気持ちで、ピノじゃなく他品種の自然派くらいの文脈で飲めばかなり良いよ。
あえて言えばもう少しピシピシ鮮烈さみたいなのがあればいいかもだけど、そういうのはちょっとキャラが違うしね。
ニュアンス感が良いですよ。
ロゼとかオレンジみたいな感覚で行けばいいのか。


これが2.5/5点とかないと思うんだよな、3.5だろうよ。一升瓶でぶん殴るぞ。
3000円で今も買えてちゃんとニュアンス感もあって良いと思うけどね。
おすすめです。いつも飲んでるのは価格的にあんまお勧めできないから。


2日目。
少しはあれだけど、まだ大丈夫。ガス入れたこともあるけど。
これ樽なのかなー、そこに少し酵母っぽい自然派的な旨味。程よい抽出のエキス感。
今日は少し落ちたんですけど甘みがそれなりにあって、酸味タンニンは控えめ。
変に枯れた感じもなく、程よくじんわり旨い。それでいてキュートさも。
すこし鉄分っぽいようなニュアンス、オーキーさ、スパイス……いや紅茶だね。程よい紅茶っぽさ、これ結構好きな要素なんだよね。
和風プールサールと言っていた人がいたけどどうなんだろ、飲んだことねえ。
これ行き過ぎると梅カツオ系になるんだけどゆったり柔らかくきつすぎない。
やっぱありですよね、インスタとか見るとちゃんと美味しいと言ってる人もいて安心する。

基本はすっきりめなのでここから夏に向けて、あったかいときに少し軽めに、ロゼとかオレンジとかを飲むイメージで。
でもしっとり落ち着いて、うっとり出来るような雰囲気もあると思います。
白で千野甲州ってのも飲んでみたいですね。

あー今日もこなれてくると全然うまいや。
期待するような価格じゃないんだけど、それさえ理解できてれば非常に良いです。













Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3840-1f8ced74