FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1537】龍力 特別純米 生もと仕込み 生酒SP 2019BY

  4   0


この茶色のラベルの生もとはド定番で、お燗にして飲みたい、みたいな売り方の商品なんですが。
それが生の1年熟成ということで、どのようなテイストになってるのでしょうか。

2020年醸造と書いてあるのは一般の人にはわかりやすいのかもしれないけど、詳しい人にはわかりにくい。
当然特A山田錦で65の生もとです。たぶん酵母は9号とか使っていて、酵母も無添加の生もとではないです。
そういうえばブルーも65の生もとではあったんだよね……ゴクリ。






なかなか際どい所をせめて来ますね!
やはり酸味は高めで特徴的なところに、生熟っぽい熟れたエキスがすれすれのラインで。
程よい甘さ、涼やかなバニラリー、香ばしさなども引き連れつつザクっと切れるのはらしさ全開。

旨いっすね。
僕がいつも飲んでるあたりの龍力から落ちるということは無くて、少し設計が違うというような。
んでいつもとちょっと変わっているところが楽しいです。

生熟ってこともそうだけど、やっぱ生もとの酸ってちょっと違うというか。
味わいとの兼ね合いでいつもと違うや旨味を演出してくれます。
甘みの感覚も蜜っぽいんだけど、輪郭あたりでゆらゆら来くるような。
ほんの少しスモーキーだったり、粉っぽい感じは上級ラインではない味わいなんですが、じゃあそれが悪いということではなくて違う楽しみだと思います。

龍力マニアにはたまらない商品。
色んな角度から眺めて楽しい。
こういうスペックでも寝かせて当たり前のように美味しいというポテンシャルが流石。
当然お燗をつけても美味しいとは思うが。


う~んいいね、大地を感じるわ、どっしりした安定感とか、ニュアンス的にも土っぽさがね。
ともすれば時間がたつごとにキュートな甘酸っぱさだったりもするんだけど、一方でしなやかで厚みのあるクリーミィな旨味。
うまいなあ、久しぶりに言うけどこういうのが世界観のあるお酒。
ドドーンというスケール感が素晴らしくて、アートですよね。
いやしかしフルーティというと語弊があるんだけど、わりとノーブルにアロマ感ありますよ、高貴な花とか果物。

1800円の税だからレギュラーよりはちょっと取ってんだけど。
これを5万とかで売るのはおかしいけど、せめて2500円とか3000円とかはちゃんと売れる日本酒市場であってほしいかな。
その辺のショボい純米大吟醸とはスケールが違うもの。
磨かなくてもこういうスケールの出るお酒ってやっぱり菊姫とかそういうあたりになっちゃうんだよなあ。
タッチが濃密だけど緻密で気高い。

あーあと農口か。ともするとちょっとライチとかエキゾチックな生もと・山廃。
ちゃんとした農口尚彦研究所はこういう味わいになってると思うので、やっぱあの人は凄いんだろうね。酒飲めねえっつってるのに造れるんだもの。山廃の神様。いつ死んでもおかしくないしもうちょっと飲んどいた方が良いかも。

まあしかしこれが1万代のフランスワインに全然かなわないとは俺は思わないな。
それくらいのパワーがあるともいます、。
そしてあくまでもベースは一番普通のレギュラーな商品だってことに可能性を感じますけどね。
基本的に日本酒の蔵は品数多すぎ、3アイテムくらいに絞ったら、力のある蔵なら平均レベルをこれくらいに出来ると思うんですよ。
そしたら1本5000円とか1万で売って高いと思わない。
やっぱりついていってないのは飲み手で、新しい銘柄だ、新商品だとダボハゼみたいに食いついてね……やっぱもうちょっとレベル上げないと。


いやーとにかく最高でした。
しかしやっぱ生は生の描写力みたいなものあるよね。
いいお酒は火入れも好きなんだけど、生は色々お金も手間もかけるだけの価値はある。



4 Comments

龍力大好き says...""
おお買われましたか。何気にレアなお酒なので私はとある酒屋さんで予約しました。
これを分かってくれる方がいて本当に嬉しいですね!
酸味と甘旨さと薫りが不思議とマッチしてするするいけますよね。火入れはそれこそ常温放置で一年とか放置しても美味しいお酒なので、生じゃなくても安心感があるお酒だと思っています。昨今の甘くてフルーティなお酒とは全然違いますが、このお燗にすると抜群の安定感が私には病みつきなお酒です。前に日経で特集された時はすぐに西武ですぐ売り切れになって世間の皆さんに少し苛立ちを覚えたのが懐かしいです。火入れも生もまだまだ熟成できるのでレマコムなどに空きが出来たら是非。火入れは適当に放置でも良いですけどね。
2021.03.22 17:39 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 龍力大好きさん"

ありがとうございます!

ちょっといつもと違うバランス感なんですが、グイグイ進んでしまうグッドボトルでした。
何気に火入れのほうをちゃんと飲んだことが無いので、そっちもやらなきゃだめだな~と思いました。

2021.03.23 00:06 | URL | #- [edit]
お茶 says...""
私も生では無いですが(生自体出ていることを知りませんでした)、「生酛の65磨きって奥吉川ブルーじゃね?」と頭によぎり年始に買っておりました。
お燗推奨らしいですが、冷酒でも問題なくイケますね。私は常温(冷や)がお気に入りです。
クラシックな生酛作りっぽいグッとくる酸味と、2020年12月製造とクリアーさがまだ残る感じと、鼻抜けのバニラ香。
常備して置きたくなる酒でした。
2021.03.29 20:28 | URL | #TS0pQGJ2 [edit]
日誌係 says..."Re: お茶さん"

実は定番すぎて、レギュラーの物を飲んだことが無いのです。

よく考えたらブルーなんですよね笑
もっといかにもお燗向きの味わいなのかな~と思っていたので冷酒でも行けるというはありがたい情報ですね!
1本くらい買っておいて適当に寝かせておこうと思います!

2021.03.30 16:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3843-9e716eed