FC2ブログ

日本酒感想日誌

シュヴァリエ・モンラッシェ レ・ドゥモワゼル2002 ドメーヌ・ルイ・ジャド

  1   0



並行のやや怪しいショップから。
このクラス、特にピュリニーのグランクリュなんて飲めばハッキリわかるだろうから、とんでもない偽物ってことは無いだろう。
問題は状態ですね~。





やたら濃い色。
とろっと濃厚。
マロンやナッツ、カラメルなんかも感じさせつつキーーーンと酸味。
フルーツのコンポート感もある。

やはり状態はともかく偽物って感じはしない。
まあ所詮は……ということもありますしね。あとはどこまで開いてくれるか。
ブシャールのシュヴァリエはのっけからかなり甘美だったけど。

少し熟成が行ってるのかなとは思いますけど、やっぱりいい意味で砂糖のような香りがしてきてプリン!
さらに洋梨のコンポートや白い花に少し酸化感みたいな。
粉っぽいくらいのミネラル感にバターっ気から少しブランデーを垂らしたようなクリームブリュレの余韻の長さ。


ところが赤いリンゴにフレッシュな酸味が溌溂と主張するようになってくる。
そこにやっぱりバター、ほろ苦みと焦がした砂糖。
モカっぽいような香りもありますし、やっぱり構造のしっかりしたスケール感がありますね。複雑で大きい。
ブシャールで感じた様な頭の芯まで焦がすような甘みというのは来ないけど、逆に酸味の伸びやかで滴るような感じ。
2002でも下手したら若いってことなんですかねえ。
ふんわりと甘やかさも漂わせつつ、やっぱミネラル感がとんでもないね。
ただ鋭いだけじゃなくて3D全方位的な太さがあり、高くそびえたち、ちりちりと末端まで痺れるような発露があり。
口の中もそうなんですけど頭の芯まで響いてぼーっとしてきます。
やっぱまだ若いのかなあ、開ききってないかも。
経験不足ですね。

問題は5万という価格をどうとるか。
やっぱホイホイ変える金額じゃないんで、出来るなら良いショップかレストランでね、最高の状態で飲みたいよね。
2,3万の1級よりはいいと思うんだけど、5万となるとこのボトルどうだろうか。ちょっとわからない。
もう一声来てほしいなって気もするけれど、そこはなかなか難しい。
そもそも何十本も飲んでいるわけでもないしね~。
小金のある今のうちにちょいちょい飲みたいなあという気持ちはあります。貯金なんて知ったこっちゃねえ!









1 Comments

みりん says...""
偽物は何年か前に大きく摘発されたようですが、こんなものにまで・・・と言うものが有ったり、中身のワインもかなりよく出来ていて中身では偽物と判らなかったりしたようですね。ただ、美術系の贋作者もそうなのですが、わざと何処かに偽物と判るヒントを敢えて作っておいたりして、偽物なのに喜ぶ人を嘲笑うような歪んだ悦びを志向していたりするようですけど。

このワインは本物だと信じたいですが、なかなかに美味しかったようですね。ワインは熟成温度の関係か香ばしさに違和感が感じられてしまう事が多々ありますので、個人的にはこの位かもう少し前位の感じが好きなのかもしれないな・・・なんて思いながら、興味深く拝読しました。

ルイ・ジャドのこれの並行で5万円ですか・・・つい最近、私が時々拝見しているワインブロガーの方が、ワンセラーの不具合で御自分のお宝を避難させている記事で、ルソーのシャンベルタンが当時2万円だったと書かれていましたし、今は本当に価格的には大変な時代になってしまいましたね。それ以前には高島屋輸入の正規のロマネ・コンティの正価が5万円だった頃もあるようで、リシュブールやラ・ターシュは1万円程度で購入できたようです。もうこんなことは二度と無いと思いますが、若い時の良い経験は人生の財産だと私も思いますので、頑張って良い飲酒経験を積まれることを願っています。
2021.03.29 15:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3851-017da96c