FC2ブログ

日本酒感想日誌

ペロ・ミノ レ・ボーモン06

  0   0


ドメーヌ・ペロ・ミノ
ヴォーヌ・ロマネ1er レ・ボーモンV.V, 2006
price:¥28,000-
抜栓:5時間前


レ・ボーモンは比較的広くて、多くの錚々たる生産者が手掛けています。
下のほうのレ・ボーモン・バという小区画が一番いいらしいけど、これは上方のレ・ボーモン・オーの下方の区画らしい。
ペロミノはどういう評価なのがイマイチわからんが有名は有名。


エレガントにヴォーヌロマネっぽい妖艶さと、やや冷たい雰囲気でミネラル感?
タンニンがシルキー、全体にふわっと軽やかな入り、ただ続く味わいにはそれなりに凝縮感や強さも。
まだ少し若いんだろうなあとは思う。

スケールの大きい感じではないかもしれないが、ふわっとしたエレガントさに、程よくミネラリーな感じは焦点があっている。
濃さも適切で上品だと思う。抽出が強いほうの生産者のようですが嫌らしい感じはしないです。
程よく甘露な味わいは良いのですが、そのあとの味わいが少し瘦せ気味というか、ウッディなドライさみたいな感じはするかもしれない。紅茶といえば紅茶でその紅茶が強いんかな。

アンヌ・グロのバローと近い、あれも斜面上のほうだったよねえ。
ヴォーヌ・ロマネもなかなか難しいというか、グランクリュなんてそんなに買えないしそもそも売ってないし、他行った方が良いのかなあ。


どうでしょうね。
小ぎれいにまとまっているので文句はないが、余韻なんかもそんなに長くないので凄みはない。
そうなると3万近いのはちょっと高い。まあヴォーヌのバックヴィンテージではしょうがないのですが。

樽のバニラ系の香りやうっすらムスクなすこーしケモいあたりの品の良さ、エレガンスは良いと思う。
入りや表面はふわっと軽やかな華やかさではあるがともすれば少し水っぽい。
芯は割と強くて緻密な肉つきだが、少しタンニンや前述のウッディなのが強く、少しクセのある紅茶といったところだ。少し酸味が強いのかな。
果実味はどうでしょうか、黒系のイメージ。
甘さのとこなんかはややV.V.感がわかってきました、何となくジャナスの04感。


う~ん。
このクラスになるとある程度のレベルは最低限なので、その上で厳しめに。
エレガントさは良いけど、ちょっと薄くて妙に芯は強い。
内側からくるようなふくよかさや芳醇さ厚みみたいなイメージはあまりわかないかもしれない。
こう見るとセラファンの01とかまだトスカニーで買えるけど買っといて損はなさそう。
まだ若いのかな~でも華やか系なんでしょ?
まあしかしやっぱこの辺以上のワインは貴族の遊びですね、庶民にはちと荷が重い。





■2日目に飲んだ1杯も含めて

昨日なんかも考えていたんですが、華やかでもないし、内からにじみ出るようなふくよかさや鮮やかさがない。
決して悪くはないんだけど良くもないなと。
少しそっけなくて青かったりビターだったり。
発酵感とかイチジクみたいなのも無くはないんですけど、ちょっと細かいとこがもう一声的な。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3878-df924a82