FC2ブログ

日本酒感想日誌

アイア・ヴェッキア ピノ・ネーロ'17

  0   0


アイア・ヴェッキア(マッサ・ヴェッキア)
ピノ・ネーロ(ピノ・ノワール)2017
¥14300


ヴィナイオータのワイン。
マッサヴェッキアとかどーとかは誰かに任せる。

赤紫が濃い色合い。
流石にまだタンニンが硬いのだが美味いです、価格は伊達ではない。
まだ買えるからもう1本買おうかな?

香りがまず何っていったら良いかね~ドライフラワー系に森の下草や土があり、若干ケモ感。
やっぱり少し酸味のあるブドウジュース感か。この辺はヴィナイオータっぽいんだよな。
ただ少し埃っぽいような香りとか、あるいはレーズン感とか、ちょっと安定感は怪しい感じでこの辺はいかにもビオっぽいかな。
少し焦げたゴムとかみたらし系やミントもちょっとずつ。青いのか?


含んでもそのエロティックな優美さに、程よい甘やかさがあるのはカーゼ・コリーニとかヴィナイオータっぽい味わいな気がします。
少しブドウジュース的な甘さでちょっと外れると安っぽいんですが、これは流石ピノノワールというような気品でもって良いバランス。
ソフトなタッチや、程々の酸味もエレガントでシュッとしたミネラル感も感じます。
全般にタンニンの収斂性がまだイガイガしますが、逆にこれが抜けたらどんなワインになるんだろうね?


いい意味でジュースというかドリンカブルな感じに、ピノっぽいエレガントさと、なにか田舎のようなポジティブな土の香り。
なかなか楽しめました。高いは高いんですがまだ買えるという意味では、もう1本くらい買ってもいいかなーと思わせるワインでした。今日の気分にあっているのも大きい。


2日目。
まあ総じて良いんですよね。
ややブドウジュースな感じはあるもののチェリーやブルーベリーも感じるジューシーさチャーミングさ。
少しケモ感やスパイシー。さらにミントやバニラのヒント。何とも言えない品や森に呼びこまれるような深み。
あーでもちょっと豆っぽいような気もして、この辺の危うさが無きゃいいんだけどね。
まあでもネガティブがあってもポジティブもあるというタイプで、好きな人は好きという奴だろう。魅力は存分に。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3882-fc584d87