FC2ブログ

日本酒感想日誌

赤櫛羅 うすにごり

  0   0


no.1556
rice & polishing ratio:山田錦45
grade:純米大吟醸(non alcohol-added)
ABV:15%
yeast type:不明
vintage:2020
shipping date:2021.2
processing:うすにごり生原酒
other:櫛羅産自作田山田錦
advice: If you like KUJIRA, it's worth drinking

高島屋の限定。
火入原酒とその中取りがメインのようですが、このうすにごりも置いてあったので買ってきました。
今年は80の11号低アルもでてたけど、60と50も例年通り出るんだよね?
というか45が50とどれくらい違うんでしょうか……酵母とか一緒なのかな普通なら9号だけど。

櫛羅はそれなりに味も出してるほうだとは思うけど、今飲んでどうなんだという気もしないでもないですがとりあえず。
製造年月日が2月になってましたが2月から売ってたのかな?
そこそこします3000円。


う~む、しゅわしゅわ酒。
いや出来は良いんだろうけど、このお酒は先の展開がかなりあるので、こういった形で飲む必要があるのかなと思ってしまう。

かなりシュワシュワでもはやスパークリング的な商品です。
香りは穏やかで、含めば乳酸的なニュアンスに加えて白ブドウ、グレフル、赤リンゴとかそんなものが感じ取れるでしょう。
まあこの手ので赤リンゴとか出てくるのはあんまりない気がするので流石か?

甘いって程でもないけど、物足りないってほどではないのでそこはみな安心して買えるかな。この手のはたまにえらいドライなのあるから。もちろん酸味もそこそこ。
それでも少しドライな味わいがあるのですが、そこの旨味感みたいなものはやっぱり少し気合の入った米って感じはしますね。
少しカチッととしたドライで引き締まった味わいで、程よく野趣のようなものも感じるというかね。

うーむ。
旨味感がいいので中取りの生酒があったら買ってみたいとこなんだけど、たしか火入れ原酒だったような気がしたんだよね。
ちらっと見ただけだったので、あれ生酒だったりしないかな。
まあそれでも1年2年寝かせたら面白そうな気はしますけどね。
キレ感とかもさすがだし。
1本くらい買ってみようかな、ドライな感じが質のいいドライ具合なんで好きなんだけど、逆にうすにごりだからドライだったらそれはそれで困るな。

50のやつと比べてどうなんでしょうか。
昔の感覚だと50は新酒でももう少し蜜っぽかった気もするので、違いは出してるのかもしれません。
凄く質のいいほろ苦みから、甘さもあるんですけどエアリーに軽く、抜けのいいハイトーンな気はします。ともすると少しシャンパン的?
バシッと来るわけじゃないけど、やっぱ酸なんかは良いのかな~とも思わなくもない。俺はそんなに酸フェチじゃないから知らないけどさ。
むしろやっぱり程よく水っぽくてビターな咀嚼したお米のような旨味感のややドライな表現に魅力を感じますね。
澄み酒を飲んでないので何とも言えないんですが、エレガントとか細部までビンビンにキマっているというよりは、程々に素朴な感じがかえって好ましいといいますか。
高島屋もわざわざ田植えとか稲刈りに参加したらしいけど、そんな気合の1本ならデータシートでもつけてほしいね。
いやしかし最初はどうかなと思ったけどやっぱやるね。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3888-dbc5a2f1