FC2ブログ

日本酒感想日誌

風の森 秋津穂807

  6   1



no.1578
rice & polishing ratio:秋津穂80
grade:純米(non alcohol-added)
ABV:17%
yeast type:7号
vintage:2020
shipping date:2021.5
processing:無濾過生原酒
other:lot2020冬タンク7010
advice:-


風の森も久しぶり、でもないか。
去年やってんだな、その時の物凄く良くない記憶が残っていますが。

ラインナップをリニューアルしたのは去年からだっけ?
この秋津穂の80は試験醸造らしいのですが、昨年からはじめて3回目の仕込みになるようで、だいぶ納得の仕上がりのようなことが裏に書いてありました。


んー。
だからセメ系が強すぎるんじゃないの?
ガスの苦みもあるのかもしれないけど、俺にはかなりオフフレーバーぽいというか、いやな樹脂系みたいな味に感じられちゃうんだよな。
俺ほかのお酒でこういうことあまり言わないので、かなりハッキリあからさまだと思うんだけど、蔵元はこれどう考えているんだろう?

そんなに過度に香りをつくろうとか甘みをつくろうとかって感じでないのは良いけどね。
変に低アルにはしらずに17度ってのも個人的には評価したい。
クリーミィな味わいもあるし、ともするとドライに切れ感、というかむしろ辛口ですらある。
ある程度の濃さはあるけれど……なんかリアルな果実感が無いよなあ。変に頑張って失敗してるそんなのばかり。

しかしなんで7号でこんなセメセメケミカルになる??
んー変なことを考えずにまっとうに造ったらこうはならないと思うんだよね。
やっぱりなんか無理してるところがあるんじゃないかなあ。
そういや前回も秋津穂の70だったので、秋津穂が悪いのか、それとも低精白が向いてないのか。
ここまでダメだと逆に他の商品2、3本買って味を見てみたくなる。


こういうのを飲むと技術ってよりもテイスティングの感覚みたいなものって重要ですよね。
十四代の高木さんとかも30年近くやってて味は変えて来てるはずなんですけど、ひどく味が落ちたとか変わったて声はそんなに聞かないじゃないですか。
こういう風にしたいっていう方針があってもそれに縛られすぎるんじゃなくて、やっぱ味を見て美味しいものを出すってのが大事。でもその美味しいって感覚を保つのが難しかったりするんだろうね。あるいは数値頼みになったり。
その点風の森はてんでダメ、先代が亡くなってから明らかにダメになってる。
まあこっちがいつまでも昔の味わいを引きずってるとか美化してるとかは否めないけど、それにしてもこれは美味しくない。



6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021.06.11 03:54 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021.06.11 09:37 | | # [edit]
日誌係 says..."Re: みりんさん"


ナイスタイミングですね笑

参考となる意見は大歓迎です。

507の磨きのいいあたりを飲んだほうが良さそうですね~。
2021.06.11 15:18 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: みやはらさん"


コメントありがとうございます。

真中採りとか笊籬採りを狙っていくべきでしたね。。
風の森はごぶさたすぎてそんなのもすっかり忘れていました。

磨き80はもしかしたらコスト的なこともあるのかもしれませんね~。
僕は素直に60でいいじゃないと思うのですが……。
2021.06.11 15:22 | URL | #- [edit]
まるめち says...""
どうもです。
記事の方では名指しで失礼しました、それだけだと何なのでちょっと補足を…(と言いつつ、大体言いたいことは書いてしまったのですが)

正直なところ、こちらの記事内容自体にはほぼほぼ同意だったりします。私も基本的には昔の味の方が良かったと思いますし。(雄町純吟終売は許せない…)
ただ、その判断を下す材料としては、この試験醸造秋津穂80は明らかに不適切かと…
多分このブログの読者で、日誌係さんの好みとこのお酒の味の両方を知ってる人は、みな「あちゃー」と思ったんじゃないかなあ(笑)私もその想いが先走ってあんな記事を書いてしまいました。

まだ、この銘柄に興味が残ってるなら、私としても是非他の商品を試すことを切にオススメいたします。
ではでは。
2021.06.21 01:14 | URL | #NkOZRVVI [edit]
日誌係 says..."Re: まるめちさん"

全然ウェルカムですよ!
変に忖度した記事になるよりは、意見が違ってもはっきり書いてもらったほうが僕も参考になります。

実はこれを買ったのは武蔵境の酒屋さんが、個人的に高く評価していてレギュラーに加わってほしいとインスタで言っていたのが頭にあったからです。
ただ今よーく見てみると、同じ投稿でちゃんとレギュラーとは一味違うとも書いてあったので、やっぱり試験醸造ということをよく考えてみるべきでしたね(笑)

今回いただいた声を参考に懲りずにまた飲んでみます!!
しかし改めて雄町60の廃盤は残念です……。
2021.06.22 15:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/3921-a4c2beee
風の森 秋津穂807 試験醸造3 純米 無濾過無加水生酒
家飲み記録 風の森 秋津穂807 試験醸造3 純米 無濾過無加水生酒     奈良県御所市のお酒です、当ブログ殿堂入り銘柄の一つ。  個人的に試験醸造一造り目の印象が面白かったので、今回もセレクトしてみました。  早めに更新したのは、はっきり書いてしまうと、日本酒感想日誌さんの記事を見たからだったりします。  まあ私から言うとさもありなんというか、そりゃあ好みの訳ないだろうとしか…  ...