fc2ブログ

日本酒感想日誌

青酎 伝承

  0   0



喜久一に比べると少しスッキリした印象もある立ち香。
含んでもそうかもしれない。
独特の青さとかそれに伴うエロさみたいなものが、香り高くスッキリと上るような。
蒸留酒という話で言うと洗練されている気もするが、パワー的には喜久一のほうが好きかもしれない。

味わい的は喜久一のほうがマッタリと旨味感が強く太かった印象で。
こっちはややドライで軽い芋感というか。
冷やしてストレートでのんでいるんだけど、ロックとか割ったりしてみてもいいのかもな。
それで印象が変わりそうというか。
喜久一はその余地すら必要なかった。
まあでもこれも数日でいい具合に開く可能性もある。

しかし独特の香味です。
エステリー、酸味を強く感じて少し小梅のような雰囲気が特徴的で。
ちょっと有機溶剤的、ともするとフラワリーでキュートなニュアンスも。
もちろん独特の青くむせるようなニュアンスもあるし、ラストには麦っぽい香ばしさに、芋の味わいもある。
ラストの渋みはあくまで軽くアクセント。



やはり今少し残ったものを飲んで比べても、香味のパワーや太さ、喜久一のほうが強い気がします。
しかしこの香味はいったいどこからくるんだろう?
いい意味での油っぽさみたいなものも。
ただそれだけじゃなくて青さみたいなのがね。
蒸留酒でしょ~樽につけてるわけでもないだろうし、この風味の強さは凄い。

酸味もね。
酸味酸味、青鹿毛とか酸味を感じる焼酎という気がする。
ラムもそういう要素もあるし。
青くて芋っぽいグラッパみたいな感じもあるかもしれない。
他には灰とかソース?




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/4210-7e6de86e