日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【360】寿喜心 純米吟醸 五百万石 生原酒 26BY

日本酒
  • comment2
  • trackback1


寿喜心です。
すきごころ、と読みます。
なんともおめでたい字づら。
愛媛県西条市の蔵ですね。
家族3人を中心に年間300石ほど造る小さな蔵元さんです。
これもずっと家でやらなきゃと思っていたお酒の一つ。

今回は五百万石の生をセレクト。
福井県産五百万石50を協会18号で。

どこにも表記がないんですが、どうも酒販店さんブログによると別誂えらしく。
中汲み直汲みのSP商品らしいですがはてさて。
聞いてくればよかったな。
一緒に買った別のお酒の方の話をしていたもんで。
違ってたらごめんなさい。
タイトル表記は通常商品のものにしておきました。


DSC_0237~01

DSC_0239~01


立ち香はカプエチ系のフレッシュな香り。
しかしやや線が細く品の良さがあります。
やはりメロンやブドウといったところに、やや柑橘の酸があってリンゴっぽくも。
果物の蜜を感じさせるような甘さ?

含むと……とにかく優美。
すこし淡いけど深い果実様の甘みがキラキラの酸をまとってつーっと一筋に流れます。
こりゃおいしい!

透き通るような酒質に、しっとりとした舌触り。
絶妙の甘酸バランス、にうっとりするようなノビ・ふくよかさ。
ちゃんと旨みがあるけれど全体のラインを損なわず、主張せず。
少しだけ淡い果実の含み香はバニラのようにも感じられ。
ふわりと膨らんですっと鼻に抜けます。
ほのかーな苦みのアクセントは五百万石っぽいか。
アフターは瑞々しい白桃のような。


これくっそ旨いですね。
甘い!というのも好きですが。
ちょい酸高めで、ほんとにスイスイ飲める甘口系。
淡くて上品だけどきらっきら。
すこし強めに冷やすとクリアー感はんぱない。
細かいところの質感が脱帽で、もう一口飲んだだけで丁寧な造りがわかります。
この時期の新酒とは思えない。
流石に50の磨きというか。
もしかしたらSPの質感なのかもしれないけど。
ぜひ蔵元さんにお会いしてみたいようなお酒です。
ちょっと他のもの飲んでみたいなあ。
今期もう1本やりましょう。


ただの甘口には飽きてきた、というかたに。
おすすめ度は当然★★★★★(星5つの超お勧め)です。


2日目。
いや~今日も秀逸。
とにかくエレガント。
甘すぎず華やかすぎず。
果実味と米味の両立。
たぶん食事にもあう。
いいよ~このお酒。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

まるめち  
No title

寿喜心は本当綺麗な味わいですよね…、是非もっと知られて欲しい銘柄です。
しかし、寿喜心の別誂えというと中央本線のあの酒屋さんでしょうか、店長さんの知識が凄くてキャラが濃い感じの…。

後、去年の同スペックの記事からリンクとトラックバックさせて頂きました、今後ともよろしくです。

2015/01/27 (Tue) 00:22 | EDIT | REPLY |   
日誌係  
Re:

あの酒屋さんです(笑
キャラは濃いけど好きです、あの酒屋さん。
寿喜心、本当によいお酒でした。
まるめちさんのブログ記事ももちろん参考にさせていただきました。
今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

2015/01/27 (Tue) 10:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  寿喜心 純米吟醸 五百万石 生酒
  • 本日の家飲み 寿喜心(すきごころ) 純米吟醸 五百万石 生酒     つい先日発泡にごりをいただいた寿喜心です。  発泡系はやはりじっくり味わうには向いていないところもあり、少し消化不良だったので今回改めてセレクトした次第です。  実際寿喜心は扱っているところが少なく、私は武蔵境の「酒のなかがわ」さんまで調達に行ってきました。  四合瓶は五百万石しかなかったので、そのま...
  • 2015.01.26 (Mon) 22:03 | 酔いどれオタクの日本酒感想記