FC2ブログ

日本酒感想日誌

【370】而今 純米吟醸 千本錦おりがらみ 26BY

  0   0


先月の純大に引き続き而今
新商品、千本錦のおりがらみです。
当然、生。

なんでおり出したんでしょうか。
どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

なお千本は24BY、25BYと家で飲めてます。
26BYのおりじゃないのもあります。
一番飲めている而今ですね。


DSC_0164~01

DSC_0170~01


とはいってもおりは少なめで、瓶底に指1本分もないくらい。
うすにごり程度です。
撹拌していただきます。

香りはやはり而今の千本といえば、なベリー系か。
おりのせいか、ややヨーグルト的?
香るけど、ガンガン香るわけではない。
最高です。



含む。
味わいの方はきもち優しく穏やか、優美な印象。
味わいというよりタッチの違いかな。
ごくわずかに、舌先でガスを感じる。
でもNOTにごりとは違い、少しやらかくて滑らか。
とろり、あるいはスムージーなタッチとも。
でソフトですね。


味わいはというと、当然而今らしい果実味のある甘ウマ。
口どけのよさ。
甘みも良いですがミルキーなのがいい。
いつものじゅわっとジューシー、よりはミルキーさが。

じわっと濃い、といよりちょっと上品な質感ともいえます。
穏やかな酸がコーティングして、絡まって。
おりで少し優しく霞むような。
そのまま静かにすーっと流れていきます。
含み香や余韻は花の蜜のようにも。
どこか妖艶な雰囲気も。




やっぱりちょっと趣が異なりますかね?
どうだろうか。
例年と違うからおりを出したのか、おりだから違うのか。
通常の千本もあるのでその辺は比べればわかるかもしれません。

いつもよりほわほわ柔らかくて上品。
淡雪的なイメージ?
いや、華やかさを考えれば桜が咲くころのすこし霞んだイメージか。
テンポもゆったりめ。
この辺はおりの旨みや粘性も関係あるのか。






2日目。
今日もうまいです。
でも『而今にしては』ちょっと凡庸?
純大はまあ~ほんとすごかったですが。
これくらいのおりがらみなら他にもある気もします。
オリガラミスキーなのでおりがらみには厳しい!


やはりちょっとすっきり目なのかなあ。
いつもよりは甘みが……という気もします。
おりの旨みや、あるいは香りで妖艶さが加わってはいますが。
いや、でも温度が上がってくればそんなこともない。
ちゃんとらしいジューシーさも甘みもあるのですが。
でも少しだけビター。

うーん。
而今はフルーツ、飛露喜はスイーツ』
という名フレーズを残された某ブロガー様がいらっしゃいますが。
それにのっとれば、これは珍しくスイーツ的な而今かもしれません。
なんとなく。

またその方の言葉を借りるなら
『而今の引き際がキレならば、飛露喜の引き際はフェードアウト』
なんですが、まさに今回はフェードアウトなんですよね。
やはりこの辺はオリならではなのでしょうか。
たしかに八反錦のオリもちょっとこんな雰囲気かも。

3日目。
あ、今日いいですね。
落ち着いてすっきりしてきた分、すこし軽快なテンポ。
スピード感も出てきたか。
甘酸旨のバランスも良い。
すいすい飲めます。


5日目。
やはり味はとび気味。
でも旨みはちゃんとある。
そして官能的な香りに、まだわずかにガス感。
元気ですね~。
今日はほんとイチゴ風味。
でやっぱいいっすよ。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/785-eb308725