FC2ブログ

日本酒感想日誌

【380】初亀 純米吟醸 亀丸 火入れ 25BY

  0   0


氷温冷蔵庫の熟成具合の確認に、こちらのお酒を開けます。

初亀です。
たまにお店で頂きます。
静岡吟醸の代表的な銘柄の一つ。
寝かせると熟れ熟れの風味が良かったりします。
実際蔵元でも『亀』のような熟成酒を売っています。

今回は純吟の亀丸。
前は南砺産の五百万石だった気がしますが、山田になってます。
磨きは50%、酵母は当然?静岡酵母です。
火入れのものを、リリースから半年ちかく氷温冷蔵庫で寝かせました。



DSC_0210~01


DSC_0212~01


ほんのり黄味をおびて、とろりと。
上品なマスクメロンの香りが爽やかです。
いやな香りはしませんね。

含むと、軽やかに。
極めてしっとりとした舌触り。
細かい粒がギュッと凝縮したような。

みずみずしさを感じる透き通った甘みが優しく。
これは酸のせいもあるのかな。
なかなか良いです。
一方で、やはり味が乗っているように感じます。
ややビターな風合いの旨みは、上品な苦みのチョコレートのよう。
まろやかなお米の旨みもいいですね。
酸は角が取れやらかく、それでいて底を見通せる澄んだもの。
ふっと鼻に抜けるかるーいメロン香が爽やか。


なるほどなるほど。
お酒の方はまあまあといったところ。
熟成感はちょうどよいかもしれません。
やな感じはせず、味は乗っているという。
でも火入れ半年でもこれくらい乗ってくるのか。
イメージよりは味が乗っているな、という感想です。

今後も寝かせているものをちょいちょい開けてゆきたいと思います。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/808-bd0a7ad9