FC2ブログ

日本酒感想日誌

【387】花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生 26BY

  0   0


花陽浴ウィーク3本目。
個人的には花陽浴といえばやはりコレなイメージ。
八反錦の純米吟醸です。
磨きはやっぱり55。
こちらは12月のリリースになりますので少し寝かせたという形になります。


DSC_0257~01

DSC_0260~01


立ち香は変わりなし。
恐らく18号か何か。カプエチ系の酵母なのでしょうね。

含むと、はっきりいって他の酒米と比べ大きな違いは感じない。
僕の舌がその程度ということもあります。

とろりとした滑らかな舌触りは健在。
ワンランク上の質感ですね。
八反錦が一番軽快でパインっぽいかな。
もちろん甘みも旨みもあるが、甘うまみの溶けた酸がぱっと広がります。

酸の分、一番明るくライトですかね。
もっと甘旨いほうが好みなんですよね。
冷やさなけれなこれでも十分甘いほうなのかもしれませんが。
で、苦み辛みがある気もしますね。

こちらも味に抑揚が、というタイプではなくて同じ味わいでフラットに。
とろりとするりと静かに流れますね~。
いや八反錦も美味しい。


さあ3種のみ比べ。
雄町。
3日目だが濃い甘みは飛ばずに健在。
深い甘みと酸のハーモニーは濃醇。
山田。
さらに一段深い印象。
八反錦。
こちらはやはり酸の分軽快ですね。
明日も飲み比べが楽しみです。


あーでも同じような温度帯だと、ほんとに違いないっすね。
八反錦も深い甘み、旨みが出てきて。
うーん、自分の舌の無能さが恨めしい。
でも山田錦は分かるような気がします。




3月31日。
もう一度3種並べてきいてみる。
やはり山田錦は一段上のコク。
軽いほうから行くと、八反錦>雄町>山田錦だ。
好みは人ぞれぞれ。
僕は山田錦が好きでした。
雄町もバランス良いですけどね。
比べてしまうとやっぱり八反錦が一番軽快なような気がした。

とにかく3種、堪能させていただきました。
蔵開きで飲みくらべセット売ってたみたいなので買った方のレポききたいなあ。




※余談。
蔵元のブログ見たらこんなことが書いてありました。

当酒蔵の「花陽浴」は酒蔵の冷蔵庫から出された瞬間が最高の飲み頃だと信じております。
ご購入されたお酒はお早目にお召し上がり下さい。

なるほど。
なんか申し訳ない。
美山なんかはまだまだ寝る予定だし。
確かにここの蔵は、すぐ開けても硬いなあ、ってことはない気がします。
ここまではっきり言うのですから相当自身があるのでしょう。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/824-b3d1ea90