FC2ブログ

日本酒感想日誌

【413】瀧澤 純米吟醸 乙未槽垂れ 26BY

  0   0


いまや鼎のほうが有名ですね。
信州銘醸さんから瀧澤です。
鼎のおりがらみのみたいな~とおもっていたところ発見。
同じものかどうかは不明ですがスペックはほぼ同等です。

鼎、はたしか若手3人が造っているという話だった気がしますが。
こちらはベテラン小谷杜氏の西沢勝さんが造っているのでしょうか。
なお若手というのは杜氏に比べれば、だそうで。
実はけっこうなベテランだとか。
40代50代で3人とも取締役だとか(笑
既にこちらの造りも担当しているのかもしれません。


DSC_0201~01

DSC_0204~01


撹拌していただきます。
粗めのおりで、うすにごり程度。

含むと文句なしに旨い!
ややトロピカルな果実香が濃密で高貴に。
パインやマスカット、梨?

にごり系とは思えないクリアーさながら、とろりとなめらか
調和のとれた深い甘旨みが広がり。
きらきらと綺麗な酸が流れを作り、するりとフィニッシュ。
ほんのり渋みがアクセント。

非常によくできたジューシー甘口系の生原酒です。
甘いだけじゃなくて腰が据わっていてちゃんと旨い。
濃醇ですがクリアー。
華やかですが浮ついたものではなく、深みがあります。
さすがですね。


飲むのが遅くなっているので。
少し味が出て重くなっているのかもしれませんが。
まったく問題のないレベルでしょう。
フィニッシュには軽やかさえ漂います。
スイートですがきちんと旨くて、かつすっきり。


でコレめちゃ安い。
パッケージは大吟かというような豪華さですが。
4合税込で1500円台。
1升で3100円台。
実は信州銘醸さん2000石くらい造っているらしく地酒界では結構大手。
規模のあるところならではのコスパですよねえ。
本当は月桂冠とか大関とかがこれくらいやってほしいんですけど。

鼎にしろ瀧澤にしろ販売店が限られていますし入手しやすいとは言えないけど。
もっともっと入手困難になってもおかしくないのになあ。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/873-d0659015