FC2ブログ

日本酒感想日誌

【438】日下無双 純米大吟醸 おりがらみ 26BY

  0   0


赤いお酒が続きます。
山口県岩国市から日下無双(ひのしたむそう)です。
くさか、ではありません。
杜氏もひのしたさん、だそうです。

最近じわりと来ているお酒だと思います。
酒屋さんにそんな話をしたらやはり品薄だそうで。
生酒を中心に飲食店からの引き合いが多いそうです。

今回は純大のおりをえらびました。
500㎏小仕込み、超低速精米、自社酵母MS-1、だそうです。
お米は兵庫県産特A山田錦45.

さらにこの蔵は生酒にはマイクロナノバブル、という技術を用いているそうで。
ナノレベルの気泡の窒素をお酒に溶け込ませることで劣化を防ぐとか……。
それで生酒が人気なんですね。

DSC_0033~01

DSC_0034~01


おりはそれほど多くないようです。
最初から撹拌していただきます。

滑らかでスムースで軽やか、でもとろりとした口当たり。
香りが中の上程度香ります。
程よく甘い香り。
桃、チェリー、柑橘なニュアンスも……うーん。
フローラルなのかな?
しだいにカプエチ系な香りも感じられるように。
梨かな。


適度な甘みに、酸が揺らめきます。
極わずか、こもったような、豆や土といった香りのニュアンスがあるか?

けっこう鮮烈な酸ですが、そう感じさせないのはお米の旨みがしっかりと出ているから。
5月製造でだいぶ寝ていることもあるか、少しビターな甘うまみがグッド。
とろりと蕩けて、すいっとスピード感のある捌け。
ベースが綺麗な酒質であることがうかがえますし、また酸も一役買っています。
ほんのり舌にアタック感、辛み。


うん、なかなかいい線いってるのではないでしょうか。
基本線は軽快でクリアなのですがしっかりお米の旨みが味わえます。
濃醇ですが軽快。
酸が結構出て爽やか?と思いきや素敵なビター甘ウマ。
捌けよく、適度な飲みごたえもあり。
捌けはほんとに秀逸ですね。


旨いです。
とろり甘ウマ×さわやか酸。
時期もあってちょっと思い出したのが飛露喜の黒ラベル。
記憶もあいまいですのでクレームは受け付けませんw
今後が楽しみなお酒がまた一つ増えました。


しかしインパクトのある赤いラベル。
目立ちます。
僕はあまりこーゆーラベルのお酒には手が伸びないのですが。
デパートとか置いたらいいのかもしれません。



2日目。
昨日より素直に香りが広がって華やかです。
円やかな甘旨みが感じられつつさっぱりとスムースに。
きもちミネラリーで凝縮感も。
これは良い。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/934-2ae3e84f