FC2ブログ

日本酒感想日誌

【59】東鶴 特別純米 山田錦 荒走生原酒 23BY

  0   0

佐賀の東鶴
なんでも事実上酒造りをやめていたのを蔵元後継者が再開したという。
それが19BYとのことなのでまだ5造り目。
最近あちらこちらのお酒屋さんで見かけるようになってきた佐賀の新星です。

スタイリッシュなラベルが良いですね。
スペックは以下の通り。

使用米:山田錦
精米:60%
日本酒度:+4
酸度:1.8
アルコール度:17度





極々うっすらおりがからんでいます。
撹拌して。

上立ち香はおとなしい。
甘い香りだが、エレガントでさわやかな香り。
酵母は一ケタ系かな?何使ってるか気になる。

含み香と甘さのコラボが凄く良いですね。
すこしコクがあって上品な和菓子のような甘みがぱあっと広がります。
ちょっと変わった花のハチミツのようだ。
少しラムネのような香りも感じさわやか。
なめらかでほわほわ、いいですね~これは。

高めの酸が引き締め、透明感を感じさわやかです。良い甘みとのバランス。
旨みが程良くひっかかりすぎない程度にふくらみ、わずかな辛みと酸、渋みですっとキレます。


60%なんだが嫌な雑味はありません。
渋みが絡んだ旨みはしなやかで山田錦らしい。
感じのよい渋みが味を引き締め、メリハリが出てるし、すいすい飲めます。
余韻は短く爽快です。

これはいい造りですね~。(毎回言っている。)
四合で1500円、一升で3000円をきってくる普段のみの純米酒としてはお手本のような造り。

純米酒って趣きの酒でこの半期に飲んだものだと勝駒や田中六五かな。
田中六五とは同じ九州だし、あんまりハイクラスのものを作ってないしキャラがかぶるね。
どれも甲乙つけがたいけど、これが一番好みかも。

ああ~これは確かに自分が酒屋だったら売りたくなる。
これは純米吟醸を飲んでみたい。
もっと言うなら大吟醸・純米大吟醸も。

要チェックの酒蔵です。
採点は次まで割愛。

開栓4日目。
いーい感じのセメダイン香。
しっとりとした甘酸が良い。
もちろん荒さもありますが。
ほんといいお酒だと思います。










Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/94-9700a278