FC2ブログ

日本酒感想日誌

【453】出雲富士 純米吟醸 改良雄町 無濾過生縁酒 26BY

  0   0



出雲富士です。
昨年佐香錦をのんで好印象だったので今年も。

今回は改良雄町をチョイス。
無濾過生“縁”酒となっているのは、蔵元から車で10分くらいのとこに出雲大社があるから。
ちょっとした洒落っ気でしょう。

なお改良雄町は結構古いお米なんですね。
昭和35年に島根県農業試験場で品種改良され育成された酒造好適米で.
比婆雄町に近畿33号を交配して改良されたものだそうです。
たしかこのお酒では数年前は酒母に少し山田錦を使っていましたが。
今は改良雄町100%だそうです。


DSC_0112~01

DSC_0116~01


香るお酒を造る蔵ではありません。
セメダイン系の香りがやや控えめに。

含む。
滑らか、柔らか。
す~っと伸びやかに。
ひろーいすそ野。

ちょっと強めのセメダイン香というか。
少し癖のある旨みに、酸がきゅっとボディを引き締めます。
強く冷やしていることもあるか、筋肉質なお酒。
ミネラリー、凝縮感。
しかしそれがほどけて、何とも上品な甘みが仄かに。
なめらかに広がりつつ、ジンと生酒らしいアタック感をのこしてフィニッシュ。
キレは静かできれいです。


冷やしすぎは良くないお酒。
こなれてくればもっともっとよくなりそう。
口開け直後で冷やしてあると苦い。
燗も旨そうだ。
質感には光るものを感じるお酒です。
ゆっくりいきましょう。
個人的にはもうちょっとぽっちゃり系のほうが好きかなあ。
かなりマッチョです。

やはり常温に近いくらいが旨みのコクも感じられ良いですね。
まだ明日とかもよくなりそうな感じ。


熱燗。
香りほっこり。
味はスルスル飲めるタイプ。
旨みは思ったほど膨らまず、酸が表に顔を出す。
ぬる燗。
めちゃ優しい。
こりゃぬる燗だな。



2日目。
柔かい反面苦みがあって硬さも。
ちょっと物足りないなあ。
やはりもっと味をのせてほしかった。
ほんとに質感はいいんだけどねえ。
ナシとかそんな香りもするなあ。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/971-1a61889f